インストゥルメント・ビルダーズ・プロジェクト・キョウト

  • アジア・文化創造協働助成
採択年度
平成30 (2018) 年度
助成額
JPY 3,050,000
活動国・地域
日本

The Instrument Builders Projectは、インドネシアとオーストラリアのアーティストによる、音や楽器に焦点をあてた共同製作のためのプロジェクトとして、2013年からこれまで3回にわたり開催されてきた。今回は、初めて日本・京都で実施。The Instrument Builders Project Kyoto: Circulating Echo(ザ・インストゥルメント・ビルダーズ・プロジェクト・キョウト-循環するエコー) と題し、インドネシア、オーストラリア、日本から、文化的バックグラウンドもさまざまなアーティストを迎え、3週間にわたるプロジェクト期間の中で、「楽器を創作する」プロセスを共有しながら、新たな楽器創りに挑戦した。
アーティストがアイディアを共有し、試みを繰り返すスタジオの公開、ワークショップ、トーク、創作された楽器によるパフォーマンスを通して、新たな実験や発想が「楽器」という形で生まれるコラボレーションが多様な形で創出された。

Instrument Builders Project ウェブページ:
http://theinstrumentbuildersproject.com/the-instrument-builders-project-kyoto/

関連する国/地域
日本, インドネシア, オーストラリア
協力団体/協力者
ジョエル・スターン(Liquid Architecture)
クリスティ・モンフリース(The Volcanic Winds Project)
Andreas Siagian

申請団体より

多国間のアーティストらによる共同製作を目的としつつも、成果だけに焦点をあてるのではなく、創造の途中にあるプロセスを公開できたことはとても意義深いと感じる。約3週間という中期的なスパンでのこのような実験的な試みが可能な場として、国内で京都芸術センター以外の施設では、人材・設備・資金面などの問題から中々難しいのが現状ではないだろうか。本プロジェクトをひとつのモデルケースとし、ノウハウを他の施設・団体とも共有することで、日本における国際共同製作やアーティスト・イン・レジデンスの可能性を拡張していきたいと考えている。

関連する事業

活動国・地域

ヨコハマ・パラトリエンナーレ2017

Strengthening Japan-Thailand Research Network on Cultures of Transnationalism and Diaspora

日越ジョイントスペシャルテレビ

家族と学校からみたASEANと日本

アジアにおけるインターネット・フレンドシップ校交流事業

燐光群 日本×タイ共同制作『安らかな眠りを、あなたに』

活動分野

アートアクセスあだち 音まち千住の縁

Manila, Tokyo, FESTIVAL OF THE RECENTLY POSSIBLE 2019: Towards an Asian Network of Digital Art & Sound

シンポジウム&コンサート 『アジアにおける伝統と創造 Noh×Contemporary Music Vol.4』

ミャンマー国立交響楽団支援プロジェクト2019

栗コーダー&フレンズ アジア6カ国 ミュージック&アート 共同制作プロジェクト

AUN J クラシック・オーケストラ“ONE ASIA Joint Concert 2015”