東南アジアにおける資本主義のあり方に関する共同研究

  • アジア・文化創造協働助成
採択年度
平成28 (2016) 年度
助成額
JPY 1,248,065
活動国・地域
タイ

日本、インドネシア、タイの経営史研究者が、東南アジアの資本主義、経営のあり方について渋沢栄一の思想と実践と比較しながら研究する事業であり、英語と日本語で成果出版を目指す。各自の研究内容を持ち寄り検討するワークショップをインドネシア、タイ、日本で各1回実施。2015年9月のインドネシアに続き、2016年9月にタイでワークショップを実施し、主にタイの研究者が各自の研究について発表し、他の参加者も研究の進捗を報告し議論した。
また、2015年のインドネシアでのワークショップと同様、タイのビジネスリーダーと日本のビジネスリーダーを招いて両国経済の歴史と現状について相互理解を深める目的で、9月23日に公開セミナーと意見交換を行った。書籍の発行は2019年度末を予定。

2015年度採択事業 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/grant/cc1506/

関連する国/地域
日本, インドネシア, タイ

関連する事業

申請団体

東南アジアにおける資本主義のあり方に関する共同研究

活動国・地域

Thai and Osaka (Japan) Creative Space and Community Art collaboration project

SEAFIC Southeast Asia Fiction Film Lab 2017-2018 Program, Sessions 1-3

サクラコレクション

アジアでのアール・ブリュット作品調査及び専門家交流事業

AUN J クラシック・オーケストラ“ONE ASIA Joint Concert 2015”

2nd SEAMEO SPAFA International Conference on Southeast Asian Archaeology

活動分野

演劇教育による子どもたちのエンパワーメント -PETAの“Safety Zone”構築に学ぶ-

インドネシアの消滅の危機にあるBeaten Bark製の絵巻物ワヤンベベルの保全継承を、社会全体で具体的に促進していく日イ協働の支援・応援プロジェクト

アンコール・ワット修復人材養成プロジェクト

アジア=ヴァルドルフ教員会議 2015

第11回アジアの建築交流国際シンポジウムにおける「東日本大震災震災復興(七ヶ浜町)アジア大学学生設計提案ワークショップ」

東南アジアにおける資本主義のあり方に関する共同研究