東南アジアにおける資本主義のあり方に関する共同研究

  • アジア・文化創造協働助成
採択年度
平成28 (2016) 年度
助成額
JPY 1,248,065
活動国・地域
タイ

日本、インドネシア、タイの経営史研究者が、東南アジアの資本主義、経営のあり方について渋沢栄一の思想と実践と比較しながら研究する事業であり、英語と日本語で成果出版を目指す。各自の研究内容を持ち寄り検討するワークショップをインドネシア、タイ、日本で各1回実施。2015年9月のインドネシアに続き、2016年9月にタイでワークショップを実施し、主にタイの研究者が各自の研究について発表し、他の参加者も研究の進捗を報告し議論した。
また、2015年のインドネシアでのワークショップと同様、タイのビジネスリーダーと日本のビジネスリーダーを招いて両国経済の歴史と現状について相互理解を深める目的で、9月23日に公開セミナーと意見交換を行った。書籍の発行は2019年度末を予定。

2015年度採択事業 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/grant/cc1506/

関連する国/地域
日本, インドネシア, タイ

関連する事業

申請団体

東南アジアにおける資本主義のあり方に関する共同研究

活動国・地域

ヨコハマ・パラトリエンナーレ2017

日本・東南アジア舞台芸術共同制作プロジェクト

日本・メコン 自閉症レクリエーションとスポーツフェスティバル

Exchanging of Performing Arts, Asia

北村明子 アジア共同制作第2弾 『Cross Transit 最終章』

アジアでのアール・ブリュット作品調査及び専門家交流事業

活動分野

木質フォーラム in The Philippines

日本カンボジア法律家の会創立25周年記念「法学教育・研究における支援と共生」事業

アセアンに於ける多文化交流を観光振興により実現する為の縦断的・横断的研究

2nd SEAMEO SPAFA International Conference on Southeast Asian Archaeology

アジアの文化政策研究プラットフォーム形成事業

若者から見たASEANと日本の将来