第11回アジアの建築交流国際シンポジウムにおける「東日本大震災震災復興(七ヶ浜町)アジア大学学生設計提案ワークショップ」

  • アジア・文化創造協働助成
採択年度
平成28 (2016) 年度
助成額
JPY 1,185,803
活動国・地域
日本

「アジアの建築交流国際シンポジウム(ISAIA)」は、アジア諸国・諸地域との建築における学術・技術・芸術の交流を友好的に促進することを目的として、日本建築学会、中国建築学会、大韓建築学会が共催して開催している国際シンポジウム。第11回の仙台大会からはインドネシアをオブザーバーに迎え、ASEAN諸国への連携を強化する第一歩を踏み出した。「東日本大震災震災復興(七ヶ浜町)アジア大学学生設計提案ワークショップ」はその目玉となる企画であった。
東日本大震災で被災した七ヶ浜町を敷地にASEAN諸国の大学生と日中韓の大学生のコラボレーションによるデザイン・ワークショップを会期中に東北大学をベースに実施し、これまでの日中韓の枠組みからASEANへと拡大された第11回大会を印象付けるという当初の目的を達成できたのではないかと考えている。

活動報告(動画) https://youtu.be/k1WhHH7B1B0

関連する国/地域
日本, インドネシア, マレーシア, タイ, 中国, 香港, 韓国
協力団体/協力者
中国建築学会
大韓建築学会

関連する事業

活動国・地域

若手老年学研究者のためのワークショップ 「高齢者に優しいコミュニティをつくるアクションリサーチ」

範宙遊泳×The Necessary Stage 滞在制作・公演(シンガポール/東京)

結城座×ベトナム青年劇場 2015日越国際共同制作 『野鴨中毒』

アジアでのアール・ブリュット作品調査及び専門家交流事業

シンポジウム&コンサート 『アジアにおける伝統と創造 Noh×Contemporary Music Vol.4』

Tokyo Docs 2015

活動分野

ミャンマーにおける人権に関する交流・教育トレーニング

若手老年学研究者のためのワークショップ 「高齢者に優しいコミュニティをつくるアクションリサーチ」

東アジアにおける強靭な保健協力ネットワークの構築に向けて

若者から見たASEANと日本の将来

ミャンマーにおける人権に関する交流・教育トレーニング

家族と学校からみたASEANと日本