ミャンマーにおける人権に関する交流・教育トレーニング

  • アジア・文化創造協働助成
採択年度
平成28 (2016) 年度
助成額
JPY 1,257,546
活動国・地域
ミャンマー

ミャンマーの弁護士(特に次世代を担う若手)や人権擁護活動を行う市民団体リーダーを対象に民主主義・人権についての教育・トレーニングを受ける機会を提供。ミャンマーの未来を担う世代のエンパワーメントと人権意識の醸成をはかることを目的としている。長期的には、ミャンマーの弁護士や市民社会の人権意識を高めることで、草の根レベルからミャンマーにおいて人権・法の支配を大切にする文化・社会基盤が強化されること、日本・ミャンマーの人権・法の支配に関する専門家の知見の相互交流が双方の社会に良い影響をもたらすことを目指す。

関連する国/地域
日本, ミャンマー
協力団体/協力者
ヤンゴン弁護士会
ダゴン大学法学生協会(Dagon University Law Student Association (DULSA))
ミャンマーロイヤーズネットワーク

申請団体より

本助成により、日本からプロジェクトメンバーおよび様々な分野の国際人権の専門家をミャンマーに計6回派遣することができ、ミャンマーの若い世代の人々に対する国際人権・法の支配、環境問題に関する講義を通して「草の根レベルのエンパワーメント」を実現することができた。特に、日本から実際にプロジェクトメンバーを現地に派遣することで、Independent lawyers’ association of Myanmar(ILAM)や、ダゴン大学法学生協会(DULSA: Dagon University Law Student Association)などとの連携、現地NGOとの交流が行われ、現地の状況、ニーズをヒアリングするとともに、今後の協力関係を築くことができた。国際人権教育事業を今後も継続していく中で、これまでの事業によって築いた協力関係を活かして、より多くの人々にアプローチをし、より現地のニーズにあった講義を提供していきたいと考えている。

関連する事業

申請団体

ミャンマーにおける人権に関する交流・教育トレーニング

ミャンマーにおける人権に関する交流・教育トレーニング

活動国・地域

ミャンマーにおける人権に関する交流・教育トレーニング

栗コーダー&フレンズ アジア6カ国 ミュージック&アート 共同制作プロジェクト

Wathann Film Festival #7

日本の文化である「ラジオ体操」で友だちの和を広げよう!2016

『クロス・トランジット』 プロジェクト

日本・ミャンマー共同映画製作プロジェクト(作品仕上げ・シンポジウム)

活動分野

東アジアのコミュニティの増進 ‐感染症、人口動態、都市化と農村‐

カンボジア, サンボー・プレイ・クック遺跡群の保全に関わる人材育成

木質フォーラム in Japan

演劇教育による子どもたちのエンパワーメント -PETAの“Safety Zone”構築に学ぶ-

東アジアにおける強靭な保健協力ネットワークの構築に向けて

木質フォーラム in The Philippines

協力団体

ミャンマーにおける人権に関する交流・教育トレーニング