OUR SCHOOL LIFE, Malaysia Japan Picture Exchange Program

  • The Grant Program for Enhancing People-to-People Exchange
Grant Year
Fiscal Year 2021
Grant Amount
JPY 104,060
Country of Activity
Japan, Malaysia

新型コロナ感染症は世界の教育現場を大きく変えた。日本では学校の休校や部活活動の縮小、遠足の中止などの影響があった。マレーシアでも同じだった。新型コロナの感染拡大により2019年5月から2021年10月まで、全国の学校が休校となってしまった。
この状況の中で、少しでも両国の生徒が交流できるように「日本・マレーシア中高生写真交換交流」を企画した。日本とマレーシアの中高生から、新型コロナ前の「楽しかったこと」とアフターコロナに「やってみたいこと」をテーマに写真と短いコメントを募集し、写真集を制作。完成した写真集を該当者に無料で配布することで、両国の生徒が互いの学校生活を知り、互いの理解をより深めることを目指した。 「アジア・市民交流助成」により、写真交換交流の第一段階であるマレーシアの生徒からの写真集を無事発行することができた。今後は引き続き、日本の生徒の写真集作りを計画している。

Photo by Alnur Alia
Photo by Ahmad Azriman
Photo by Lukman Nurhakim
Photo by Ahmad Hafiz
Photo by Kammy
Related Countries
Japan, Malaysia
Co-organizer(s), Cooperator(s)
Tourism Malaysia
Fukui Prefecture International Economic Affairs Division

From the Organizer

初めて実施した企画だったため、思い通りにうまくいかない部分はたくさんあった。一番大きかった問題は、予想より写真の応募が少なく、予定していた両国の学生作品の写真集を作成できなかったことだった。アジアセンターに相談したところ、早急に対応していただき、マレーシア側の写真集を先に発行することとなった。日本側の写真を募集するのに一般公募だけではなく、教育委員会や学校などの協力が必要と感じた。
今後については、この企画をまた継続していきたい。国境を超えることがなく、比較的実施しやすいこの事業は、両国の草の根レベルの交流に貢献することができると考えている。事業の知名度はまだ低いが、テーマを変えながら、交流期間を変えながら根付くまで頑張っていきたい。少しでも両国の生徒を繋げることができれば、というのが当協会の何よりの思いである。この事業が実施できたことに、アジアセンターの皆様に感謝を申し上げる。

Projects related to this Grantee

Countries of Activity

マレーシアの人形劇ポテヒ -多民族国家の文化実践を知る

日比国際児の若者(JFY)と日本の若者との交流活動を通した新たな日比関係の構築

チャイルド・エイド・アジア ~ Friendshipコンサート

日本・インドネシアにおける柔道ならびに柔道整復の交流事業

アジア・ヘリテイジ・ネットワーク国際シンポジウムの開催 -アジア新興国の歴史的町並み保存活動支援に向けて-

ベトナム・市民ボランティアとの協働による市民交流と西洋館の活用・観光の活性化

Field

インドネシア・アチェと東松島市の子ども国際交流事業 「被災地から未来への対話/壁画の架け橋」

第2回ミーシャ多文化芸術祭「一緒ならできる! Together In Harmony」

全日本製造業世界コマ大戦2015

Indonesia-Japan “borderless” Film Festival

国際キャンプ2015冬

第12回 ベトナムホイアン日本祭り IN 堺

Translate »