ミャンマー祭り2016 TOUCH IN MYANMAR ! 『触れる喜び・わかる喜び』

  • The Grant Program for Enhancing People-to-People Exchange
Grant Year
Fiscal Year 2016
Grant Amount
JPY1,500,000
Country of Activity
Japan

2016年11月、東京・浄土宗総本山増上寺にて第4回目となる「ミャンマー祭り」を開催。それまでの「リアルなミャンマーを見てもらう」から一歩踏み込んで「体感してもらう」ことをテーマにした。 ミャンマーの寺子屋で学ぶ10名の子どもたちを招へいし、彼らの暮らしぶりや日本の中学生との交流を紹介。意見交換を通して文化の違いを身近なところで浮き彫りにした。また、寺子屋の授業を公開して一般参加も促した。2日間の会期中、安定しない天気の中ではあったが、来場は46,000人を数えた。

平成26年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/grant/pp1402/
平成27年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/grant/pp1557/

Related Countries
Myanmar

From the Organizer

今回、ミャンマーから子どもたちを招へいすることにより、本事業の目標のひとつである教育支援、及び日緬文化交流に寄与することができた。 本事業の支援対象である子どもたちの姿や言葉などを関係者、来場者に紹介できる具体的な機会を作れたことは何よりの成果であった。 単発の事業とならないよう、様々手法を用い継続的支援、交流につながる事業、情報発信の方法の検討、実施を続けていきたい。

Projects related to this Grantee

Organizer

ミャンマー祭り2015 ようこそ!リアルなミャンマーへ

ミャンマー祭り2014

Countries of Activity

こどもたちによる日本とマレーシアの伝統舞踊の交流事業

インドネシア・アチェと東松島市の子ども国際交流事業 「被災地から未来への対話/壁画の架け橋」

手を叩け、手をつなげ。過去と現在、日本とカンボジアを結ぶヒップポップ with カンボジアフェスティバル

アジア・シェルター会議および全国シェルター・シンポジウム 2018

「ワークショップを通じた子どもの絵の国際交流」事業 ~日本・ミャンマー外交関係樹立 60周年記念事業~

マーク・テ『Baling』を通して歴史との向き合い方を考える/上演+レクチャー+リサーチプロジェクト

Field

Sustainable Education Summit 2017

フィリピン共和国パンガシナン州立大学と協働の市民交流事業

日本・ASEAN・ボランティア・サービス (JAVS) 2016

ディアボロミーティング -オンライン 2020-

国交樹立50周年記念 ~和の文化を伝える~ 「九州の女」祭り in シンガポールにて 親子で楽しむ表現ワークショップ 金子みすずの世界&マーライオン

アセアン保育者と日本作家が協働する、幼児児童向絵本・紙芝居の翻訳・共作・実演をベトナムで始める事業