「あいでみ」 被災地 × 社会変革

  • The Grant Program for Enhancing People-to-People Exchange
Grant Year
Fiscal Year 2015
Grant Amount
JPY 1,121,121
Country of Activity
Philippines

地震・津波・原発事故による被災経験を持つ福島の高校生5名が、台風による被災経験を持つフィリピン・レイテ島を3泊4日で訪ね、現地の高校生と交流した。 激甚被害を受けた地域、貧困地域等の社会問題が顕在化している現場を訪問し、国立サン・ホセ高等学校(San Jose National High School)およびレイテ教育大学付属学校高等部(Leyte Normal University Integrated Laboratory School)との復興計画に関する意見交換や、地区長へのインタビューなどを通して、互いの被災地が持つ背景と現状への理解を深めた。 さらに、伊藤健(慶応義塾大学大学院政策メディア研究科特任助教)の指導のもと、社会課題解決の方法を両国の高校生同士が考え、福島県での報告会で発表した。

Related Countries
Japan, Philippines
Co-organizer(s), Cooperator(s)
San Jose National High School
Leyte Normal University Integrated Laboratory School

From the Organizer

この事業での経験から、福島側参加学生5名のうち1名が、国際協力の世界での活躍を目指しアメリカの大学に進学した。また、1名は関東地方の大学へ進学後、地元(福島県浪江町)の2017年4月避難指示一部解除に先立ち、関東地方の大学生に対して毎週浪江町を案内し、福島県の復興に尽力している。 弊団体では、フィリピン、カンボジア、中国などの東アジア・東南アジア諸国の若者世代との交流を行っておるため、タクロバン市についても今後機会を見つけ交流の機会を持ち、両地域の復興・発展に寄与したい。

Projects related to this Grantee

Countries of Activity

アジア・パシフィック青少年コーラス交流 in OKINAWA / NAHA

フィリピン(レイテ島被災地タクロバン&ルソン島山岳地レパント)の子供たちを対象にした演劇ワークショップ

草の根の社会包摂型アートプロジェクトの日本・フィリピン間の交流促進とネットワークの構築

Designers in Residence Program in Bataan

フィリピン共和国パンガシナン州立大学と協働の市民交流事業

日本とフィリピンにおける多文化理解のための演劇をつかった新しいワークショップの共同開発

Field

日本・インドネシアにおける防災コミュニティラジオの経験共有事業

防災文化セミナー「スマトラ沖地震津波より10年を経て」

第三回アジア太平洋地域会議 2016年日本開催

世界湖沼会議子ども交流事業

日本・インドネシアの若者が共に考えるインドネシアのごみ事情 ~村ツーリズムのさらなる発展とともに~

災害からのコミュニティ再生の経験を学び合う日本・インドネシア交流事業

Translate »