「あいでみ」 被災地 × 社会変革

  • The Grant Program for Enhancing People-to-People Exchange
Grant Year
Fiscal Year 2015
Grant Amount
JPY 1,121,121
Country of Activity
Philippines

地震・津波・原発事故による被災経験を持つ福島の高校生5名が、台風による被災経験を持つフィリピン・レイテ島を3泊4日で訪ね、現地の高校生と交流した。 激甚被害を受けた地域、貧困地域等の社会問題が顕在化している現場を訪問し、国立サン・ホセ高等学校(San Jose National High School)およびレイテ教育大学付属学校高等部(Leyte Normal University Integrated Laboratory School)との復興計画に関する意見交換や、地区長へのインタビューなどを通して、互いの被災地が持つ背景と現状への理解を深めた。 さらに、伊藤健(慶応義塾大学大学院政策メディア研究科特任助教)の指導のもと、社会課題解決の方法を両国の高校生同士が考え、福島県での報告会で発表した。

Related Countries
Japan, Philippines
Co-organizer(s), Cooperator(s)
San Jose National High School
Leyte Normal University Integrated Laboratory School

From the Organizer

この事業での経験から、福島側参加学生5名のうち1名が、国際協力の世界での活躍を目指しアメリカの大学に進学した。また、1名は関東地方の大学へ進学後、地元(福島県浪江町)の2017年4月避難指示一部解除に先立ち、関東地方の大学生に対して毎週浪江町を案内し、福島県の復興に尽力している。 弊団体では、フィリピン、カンボジア、中国などの東アジア・東南アジア諸国の若者世代との交流を行っておるため、タクロバン市についても今後機会を見つけ交流の機会を持ち、両地域の復興・発展に寄与したい。

Projects related to this Grantee

Countries of Activity

アジア・パシフィック青少年コーラス交流 in OKINAWA / NAHA

日本・フィリピン未来共創のアイデアソンキャンプ

日本・ASEAN国際ボランティア・サミット

フィリピン(レイテ島被災地タクロバン&ルソン島山岳地レパント)の子供たちを対象にした演劇ワークショップ

「僕たちがつくる!未来の街」 友情のレポーター in フィリピン特別編

Designers in Residence Program in Bataan

Field

災害からのコミュニティ再生の経験を学び合う日本・インドネシア交流事業

日本・インドネシアの若者が共に考えるインドネシアのごみ事情 ~村ツーリズムの開発とともに~

「第8回アジア湿地シンポジウム」 (2017年11月) における「湿地とユース」セッションの企画・運営

ジャカルタお掃除クラブ日本訪問2 ~日本式お掃除文化をさらに深く考える~

防災文化セミナー 「スマトラ沖地震津波より10年を経て」

アジアにおける気候変動・防災問題に関する国際シンポジウム開催と経験交流

Translate »