アートアクセスあだち 音まち千住の縁

  • The Grant Program for Enhancing People-to-People Exchange
Grant Year
Fiscal Year 2014
Grant Amount
JPY 1,492,064
Country of Activity
Japan

「千住だじゃれ音楽祭」は、実験音楽の手法を用いた多様なコミュニティ音楽活動を世界中で展開している作曲家・野村誠によるプロジェクト。本年度は「千住の1010人」と銘打ち、足立市場で日本とアジア双方のプロ・アマ混交による市民音楽家・団体1010人が野外音楽会を行った。

足立区は海外からの居住者も多いことから、アジアから演奏家を招き、ともに演奏を行うことによって相互理解と交流を深め、アートを通じた新たな地域文化を創造することが目的。だじゃれと音楽の要素を組み合わせ、地域から参加者を募り、様々な形で千住に関わる人々の「縁」を新たにつなぐことができた。インドネシア、タイ等アジア諸国の伝統楽器の演奏、演劇、踊り等、様々な要素を織り交ぜ、1010人(千住)で音楽を奏でる壮大な演奏会となった。

平成27年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/grant/pp1560/
平成28年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/grant/pp1642/

Related Countries
Japan, Indonesia, Thailand

Projects related to this Grantee

Organizer

アートアクセスあだち 音まち千住の縁

アートアクセスあだち 音まち千住の縁

Countries of Activity

多様な人々が参加するレジリエントな復興をめざして:世界津波の日制定記念シンポジウム

保育・幼児教育文化交流(教師と学生・子ども)

オルタナティブな農・食・流通・教育の先駆者との交流から創るタイNGO・新時代への挑戦2

マーク・テ『Baling』を通して歴史との向き合い方を考える/上演+レクチャー+リサーチプロジェクト

ミャンマーと日本をつなぐ旅

日タイキッズラグビー交流2016

Field

タイと日本の学生によるアカペラ・ワークショップ

アンサンブルグループ奏楽によるマスタークラス

第2回ミーシャ多文化芸術祭「一緒ならできる! Together In Harmony」

第4回みやこじま青少年国際音楽祭

日本-ラオス国交樹立60周年を記念した日本とラオスの音楽家との文化交流及び合同コンサート

Philippines and Japan Online Music Festival