映画「GENSAN PUNCH (義足のボクサー)」リモート撮影及び編集

  • アジア・市民交流助成
採択年度
令和2 (2020) 年度
助成額
JPY1,910,889
活動国・地域
フィリピン

一昨年のアジアセンターによる「響き合うアジア」イベントがきっかけで、Brillante Mendoza 監督との交流が始まり、彼に実在した義足のボクサーについての企画を提案。日本・フィリピン合作映画「GENSAN PUNCH (義足のボクサー)」の制作を開始したが、コロナの影響により撮影が中断。この事業は残りのシーンを監督不在の中、オンラインでのリモート撮影及び編集にて進行させ完成させる目的の事業である。
度重なる県外への移動自粛や撮影自体の自粛によるスケジュールへの影響もあったものの、2020年10月17日-20日 沖縄、21日-23日 福岡、27日-29日 沖縄の日程でフィリピンとZOOM、メッセンジャー、モニターを駆使し、撮影現場の設定からカメラアングル、俳優の芝居、全てフィリピンサイドとオンラインでやり取りしながらリモート撮影を敢行。撮影は無事終了し、データも無事送信済みで完成にむけて進行中。

https://scfilmsinternational.com/

関連する国/地域
日本, フィリピン
協力団体/協力者
Center Stage Productions
Brillante Mendoza
Joshua Reyles
小橋川 和弘

申請団体より

映画の国際共同製作において、スタッフ、キャストが国境を越えて移動出来ないというのは撮影自体を不可にすることであるが、今回のオンラインリモート撮影という手法による新しい撮影方法がコロナ禍における国際共同映画製作の可能性を垣間見せてくれた。急なシーンの変更や追加など現場対応に追われたが、撮影は無事終了。データも送信済みで完成にむけて進行している。今後の課題としてはコロナ禍で日本人主演キャストに対してフィリピンへの入国許可がおりない中、残りのフィリピン撮影が残っていることと、完成後にどのように映画を世界に展開していくか。これまでのやり方が通用しない危機感を持っている。

関連する事業

活動国・地域

日本とフィリピンにおける多文化理解のための演劇をつかった新しいワークショップの共同開発

日本・フィリピン未来共創のアイデアソンキャンプ

草の根の社会包摂型アートプロジェクトの日本・フィリピン間の交流促進とネットワークの構築

農業の持続性の3要素の実現に向けてフィリピン・アブラ州と兵庫県・丹波市の農業交流の試み

フィリピン共和国パンガシナン州立大学と協働の市民交流事業

国際ボランティア第1回アジア・オンライン・サミット

活動分野

日本、インドネシア、フィリピンでのアニメーション・ワークショップ

第11回アジア国際子ども映画祭北見大会

タイ映画をとおした文化交流の可能性を拓く ~アジアとの交流を日常化しつつある地方都市・別府から~

アジアン・フィルム・ジョイント

カンボジア人監督招へい事業

IAFT 20≠21 ONLINE