手を叩け、手をつなげ。過去と現在、日本とカンボジアを結ぶヒップポップ with カンボジアフェスティバル

  • アジア・市民交流助成
採択年度
令和元 (2019) 年度
助成額
JPY 1,287,800
活動国・地域
日本

カンボジアの60年代最盛期の音楽をベースに現代ヒップホップを融合させた音楽を提供するカンボジア音楽レーベルKlapYaHandz(クラップヤハンズ、以下KYH)所属アーティストを日本に招へいし、日本のヒップホップグループと合同で演奏する場を設けた。

KYHは5月3日、4日に代々木公園で開催された「カンボジアフェスティバル2019」に出演し、1. KYH 2. 日本人アーティスト 3. カンボジアフェスティバルのコラボレーションとして演奏を披露。10万人の来場者に文化交流を伝えた。
フェスティバルの後、KYHは山梨県にあるYoung-Gのスタジオを訪ね、音楽、芸能活動について学んだ。スタジオ内の在り様から、トラックの作り方、収録方法、宣伝の仕方、ライブの様子などを見聞きし、さらにその場で即興で歌ったりして交流を深めた。

関連する国/地域
カンボジア
協力団体/協力者
KlapYaHandz
stillichimiya Young-G
株式会社 空族

申請団体より

KYHアーティストたちが来日を叶えた時点で、本事業は意義があった。日本の整ったインフラや、日本人との関わり、文化。見るものすべて、才能ある若いカンボジア人たちの感性を存分に刺激した。そしてそのインプットはアウトプットに繋がる。1人が得た幸せ、エネルギーは、その100倍、1,000倍の人たちに向けて、音楽という形を取って歓びを放ち、連鎖して人々を幸せと熱気に包んだ。日本語ラップ、クメール語ラップをコラボレーションするというのはこれまで誰もやっていない新たな試みで、まさに今回のフェスティバルのステージでそれを実現させた。

歌や音楽には、難しいことは一気に飛び越え、言語を超えた理解を促す力がある。ライブや交流を通して、人としての基盤となる根底、心や感性に触れる成長を促せた。結果は今日明日で見えるものではないが、数カ月後、数年後に発展する助走となることは間違いないだろう。ひいてはカンボジアという国の、芸能の発展に直結している。彼らが育ってゆくことこそが、ムーブメントといえるのである。

KYHは、この日本滞在を通して得た知識、体験を自国に持ち帰り、今後のカンボジアの芸能の発展に寄与するだろう。帰国後、日本をテーマにした楽曲の制作、発表にも取りかかっている。この先につづく日本とカンボジアの国境なき音楽交流の礎を築き、日本のアーティストの東南アジア進出にもつながる足掛かりをつくることができた。

関連する事業

活動国・地域

保育・幼児教育文化交流(教師と学生・子ども)

日本・ASEAN・ボランティア・サービス (JAVS) 2016

わたりタイいちご・ネット友和プロジェクト

「東遊-あるいはあの日の恩情」日本公演

ミャンマー(少数民族)衣と食文化の夕べ

「第8回アジア湿地シンポジウム」 (2017年11月) における「湿地とユース」セッションの企画・運営

活動分野

チャイルド・エイド・アジア2016

野村誠 「瓦の音楽」 -瓦の音楽を媒介とする日尼文化交流事業-

第19回 「感動の第九」 2015年 ハノイ公演事業

アジアンビートプロジェクト 2015

日本とアジア各国によるジュニアオーケストラ交流事業

日本とアジア各国によるジュニアオーケストラ交流事業