健康都市交流事業 ~食生活と栄養改善に向けた健康文化の相互理解に向けて~

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成27 (2015) 年度
助成額
JPY 1,145,940
活動国・地域
日本

日本をはじめアジア諸国では、急激な都市化やライフスタイルの変化により食習慣の乱れが生じている。結果、肥満や生活習慣病の増加等、様々な健康問題を抱えるようになった。共通の課題は、伝統的文化の見直し等、健康的なライフスタイルを実践することである。 2016年2月、食生活改善に関わるASEAN諸国の行政担当者やボランティア団体の代表者10名を日本に招へいし、シンポジウム開催をはじめ、行政や企業の視察、自治体職員や市民ボランティア、研究者、企業の担当者との交流を通して健康的な食生活を営むための仕組みや実践方法を学んだ。草の根レベルで活動する実践者の交流により、各国における健康都市活動のリーダーを育成し、ネットワークを構築することができ、食や運動、心の健康に基づくアジア発健康都市のモデルづくりを図った。

平成29年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/grant/pp1712/ 2016年より「認定NPO法人健康都市活動支援機構」に団体名変更

Photo by Healthy City Support Organization
関連する国/地域
日本, シンガポール, フィリピン, ベトナム, カンボジア
協力団体/協力者
健康都市連合

申請団体より

シンポジウムでは、さまざまな文化・経済背景をもつ国々との間で食と栄養を中心とする健康文化の知見や実践についてベストプラクティスを学び合えた。視察では、自治体や企業の施設や活動を通して食の安心・安全を基本とする取組みを伝えることができた。特に、給食センターや学校保健を基盤とするヘルシースクールは、各国参加者にとって健康都市活動の参考となっている。また、市長や職員、企業の担当者、市民ボランティア団体、児童との交流も、相互理解を育む上で意義深かった。 課題は、健康文化の領域が広く参加者全員の要望に必ずしも視察対象を絞り切れなかったことと、シンポジウムの発表時間が十分に取れなかったこと。 当機構はWHO西太平洋アジア地域における健康都市連合の理事として国際支援・交流を担当しており、本プログラムを通じて、草の根レベルでの健康文化の交流に一層力を注ぐ所存である。今後はさらに食と運動、生きがいを融合させた健康まちづくりを国内外のネットワークを通じて推進していきたい。

関連する事業

活動国・地域

日比国際児の若者(JFY)と日本の若者との交流活動を通した新たな日比関係の構築

ベトナムの震災後支援への御礼とお箸文化交流

日本タイ市民・青少年 空手道共同研鑽・文化経済相互理解・友好促進事業

タイ人選手のJリーグクラブアカデミーへの短期留学および交流事業

日本・ASEAN・ボランティア・サービス(JAVS)

「第8回アジア湿地シンポジウム」 (2017年11月) における「湿地とユース」セッションの企画・運営

活動分野

アジア姿勢保持プロジェクト:寝たきりゼロのための姿勢保持普及に関する日本・タイ交流事業

保育・幼児教育文化交流(教師と学生・子ども)

アジアンビートプロジェクト

アジアにおけるろう青少年の交流プログラム

日本とインドネシアの介護文化に基づく介護教育TOTプログラムの調和化

アジア太平洋ディスレクシアフェスティバル2017 東京

協力団体

健康都市交流事業 ~ヘルシースクールで育む健康文化~