ラオスコーチ・アスリート支援事業 2018

  • アジア・文化創造協働助成
採択年度
平成30 (2018) 年度
助成額
JPY 408,812
活動国・地域
ラオス

日本で競技用義足を開発をしている株式会社Xiborgの遠藤謙がラオスまで同行、同国内で障害者支援・義足支援を行っているThe Cooperative Orthotic and Prosthetic Enterprise(以下、COPE)を訪問。ラオスの義足の現状、2名のアスリートと彼らの義肢装具士から調査・ヒアリングを行った。また、AS代表理事であり元陸上選手である為末大とADDPの陸上競技指導者である羽根裕之による、健常者と障害者の合同陸上練習会である「Inclusive Athletic Activity」をラオス国立競技場にて開催した。 一人でも多くのラオスからの出場選手が増えるように、今後2年間の継続的な指導や連携を行うことを確認した。

平成28年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/grant/cc1613/

関連する国/地域
日本, ラオス
協力団体/協力者
株式会社 Xiborg
特定非営利活動法人 アジアの障害者活動を支援する会 (ADDP)

申請団体より

教育スポーツ省、オリンピック委員会、パラリンピック委員会では、同国が抱える課題のヒアリングができ、また陸上指導では、選手のレベル、練習環境を把握でき、どのような支援をしたらよいかが明確になった。 また、COPE訪問により障害者アスリートの現状把握、義足製作の過程も把握でき次回以降のステップが確認できた。

関連する事業

申請団体

ラオスアスリート・コーチ支援事業

活動国・地域

ろう者と協同する人形劇団、ラオス×日本の共同ワークショップ プロジェクト

アセアン野球教室

栗コーダー&フレンズ アジア6カ国 ミュージック&アート 共同制作プロジェクト

日本ラオス外交樹立60周年記念 映画プロジェクト

栗コーダー&フレンズ アジア6カ国 ミュージック&アート 共同制作プロジェクト

ラオスアスリート・コーチ支援事業

活動分野

アジアアイスホッケースキルアップ支援プロジェクト

アセアン野球教室

日本の文化である「ラジオ体操」で友だちの和を広げよう!

アセアン野球教室

ラオスアスリート・コーチ支援事業