日本の遊び文化を通して、知的好奇心を育み交流する「ミャンマー移動型おもちゃ美術館」の巡回開始

  • アジア・文化創造協働助成
採択年度
平成30 (2018) 年度
助成額
JPY 2,195,138
活動国・地域
ミャンマー

ミャンマーはアジアの最貧国の一つとして数えられているが、識字率が高く、教育熱心な国柄として有名である。だが、これまでの歴史的な経緯により、子どもたちの学習環境は未整備な部分が多い。特に最近都市部のヤンゴンでは、急激な発展により、小さな子どもたちが安心して遊べる場所は整備されておらず、親子が揃ってコミュニケーションしながら遊べる空間は皆無である。本事業は、民主化以降、遊びを含めた子どもたちの生育環境、学習環境への関心が高まっているミャンマーの社会において、日本の多世代交流施設「東京おもちゃ美術館」の協力を得て、日本から遊びの専門家を招き、日本国内で定評のある「移動型おもちゃ美術館」を最大都市ヤンゴンのヤンゴンギャラリーにて開催し、ミャンマー国内の児童教育関係者を含めた文化交流の機会をつくり、持続的な実施体制を構築し、同国の初等教育と児童文化の発展に寄与するものである。

関連する国/地域
日本, ミャンマー
協力団体/協力者
特定非営利活動法人 芸術と遊び創造協会
東京おもちゃ美術館
ES4E Educational Group

申請団体より

(成果)移動型おもちゃ美術館の活動の第1回目を開催することができ、現地の関係者や一般の親子にも好評をいただき、成功をおさめることができた。メディアからの注目も集め、現地スタッフのモチベーションも上がった。継続的に本活動を実施していく機運を団体の内外で高めることができた。(今後の展望・課題)おもちゃのレンタル事業を検討しながら、支援者やスポンサーを募り、年内に2回程度の再度ヤンゴンでのイベント開催(無料)を計画したい。課題は現地や日本での協力者を新たに募ることである。
(助成を受けての所感)助成を受けることで、プロジェクトを実現することができたので助成に大変感謝している。また、本事業は国際交流がテーマの一つであり、助成元である国際交流基金とのコンセプトとの一体感を持って事業を進められたのではないかと考える。

関連する事業

活動国・地域

東京藝術大学シルクロード特別企画展

『クロス・トランジット』 プロジェクト

第3回アジア・太平洋水サミット開催準備および当日運営

栗コーダー&フレンズ アジア6カ国 ミュージック&アート共同制作プロジェクト

ミャンマーにおける人権に関する交流・教育トレーニング

ミャンマーにおける人権に関する交流・教育トレーニング

活動分野

アジアにおけるインターネット・フレンドシップ校交流事業

日本の文化である「ラジオ体操」で友だちの和を広げよう!

フィリピン、インドネシアの先住民族青少年を対象とした環境問題をテーマとした演劇ワークショップによる交流事業

日本とインドネシア・アチェの被災地間協働によるコミュニティアート事業

フィリピン、インドネシア、日本の青少年を対象とする環境問題をテーマとした演劇交流事業

Thai and Osaka (Japan) Creative Space and Community Art collaboration project