栗コーダー&フレンズ アジア6カ国 ミュージック&アート 共同制作プロジェクト

  • アジア・文化創造協働助成
採択年度
平成28 (2016) 年度
助成額
JPY 5,168,396
活動国・地域
ラオス, ミャンマー, タイ, 日本

作編曲家、演奏家である栗コーダーカルテットのメンバーが、アジアで独自に発展した楽器や演奏者、また身体表現者とコラボレーションを展開し、3年間のプロジェクトを通して新しい表現を実現する。同時に栗コーダーカルテットが得意とする、身近な楽器を使用した親しみやすい音楽表現を各地で発信、また、各国でワークショップ、コンサートを実施し、子どもから高齢者まで幅広い世代との交流を図る3年間の事業である。 プロジェクト2年目の2016年は、ラオスにて劇団カオニャオ、芸術学校の講師陣のアンサンブルなどとのコラボレーション公演とワークショップを、ミャンマーにてSu Zar Zar(サウン・ガウ奏者)、U Han Win Aung(チャウロンパ奏者) とのコラボレーション公演やワークショップを、タイにて公演とワークショップを行った。また、昨年に続き劇団カオニャオを日本に招へい、コンサートホールを中心としたツアーを行った。12月にはSu Zar Zarをミャンマーから招へいし、公演とレコーディングを行った。

平成27年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/grant/cc1531/ 

関連する国/地域
日本, タイ, ラオス, ミャンマー
協力団体/協力者
Children’s Cultural Center, Luang Prabang
Do-Re-Mi Family Club
株式会社 トラリ・エンタープライズ

申請団体より

プロジェクトを通して、以下の成果を得ることができた。 ・ラオスの劇団カオニャオを日本に招へいした。いいだ人形劇フェスタや各地のホールなど、子どもから大人まで幅広い層にコラボレーションを見てもらえる場所で公演をした。 ・ミャンマーのサウン・ガウ奏者Su Zar Zarを招へい、東京で公演とレコーディングを行い、日本ではあまり知られていないミャンマーの音楽を紹介した。 ・ヴィエンチャンの芸術学校で教授陣によるラオスの伝統楽器のアンサンブルと初共演をした。 ・ラオス、タイでワークショップを行い、現地の音楽教育の一助となった。 ・東南アジア各地でワークショップや学校での演奏など子どもの多い場所での演奏も多く行い、音楽の楽しさ、アンサンブルの楽しさ、国を越えたコラボレーションの面白さを各国の子どもに伝えることができた。 次年度への課題としては、本年度は予算の都合でプロジェクトを行うことができなかったインドネシアとベトナムでコラボレーションを行うこと、そして、複数の国のアーティストが一堂に会する公演を実現させることである。そのための準備として、プロジェクト外ではあるが2017年3月にベトナム視察を行った。

関連する事業

申請団体

栗コーダー&フレンズ アジア6カ国 ミュージック&アート 共同制作プロジェクト

活動国・地域

ラオスアスリート・コーチ支援事業

栗コーダー&フレンズ アジア6カ国 ミュージック&アート 共同制作プロジェクト

アセアン野球教室

バンコクナイツ

日本ラオス外交樹立60周年記念 映画プロジェクト

活動分野

栗コーダー&フレンズ アジア6カ国 ミュージック&アート 共同制作プロジェクト

シンガポール・エスプラネード=サントリーホール グローバル創造協働プロジェクト

爆音映画祭2018 特集タイ|イサーン VOL.2

「ZETTAI RED」 シンガポールミュージシャンとの協業によるパフォーマンス作品の上演

シンガポール・エスプラネード=サントリーホール グローバル創造協働プロジェクト

130th Anniversary of Japan – Thailand Relations Concert by FEROCI PHILHARMONIC WINDS

協力団体

栗コーダー&フレンズ アジア6カ国 ミュージック&アート 共同制作プロジェクト