日本・インドネシア民俗芸能交流事業

  • Organizer Name 早池峰岳神楽保存会
  • Japan: 岩手
    • Traditional Culture/Cultural Heritage
    • Dance
  • The Grant Program for Enhancing People-to-People Exchange
Grant Year
Fiscal Year 2016
Grant Amount
JPY 1,500,000
Country of Activity
Japan

早池峰神楽の国の重要無形民族文化財指定40周年を記念し、2016年9月に岩手県花巻市で国内の神楽団体を一同に集めた「全国神楽大会ハヤチネ2016」が開催された。そこにインドネシアのバリ舞踊団体の「BALI WALI」を特別ゲストとして招へいし、同じステージで民俗芸能による交流を行い、お互いの国の文化の理解と友好親善を図った。 公演会場には出演団体市町村の物産販売や紹介コーナーが設けられ、インドネシアの出店もあり、国際色豊かなものとなった。文化庁やインドネシア共和国大使館及び岩手県の後援も得られ、運営にはボランティアだけでなく大迫中学校、高等学校の全校生徒、市農協、商工会、役所職員OBや文化団体、婦人団体など地域から多くの人が参加し、成功に導いた。

平成30年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/grant/pp1810/

Related Countries
Japan, Indonesia
Co-organizer(s), Cooperator(s)
BALI WALI

From the Organizer

日本国内の主だった神楽団体を招へいし、各地域で守り伝えられて来た民俗芸能を早池峰神楽の里で披露することで、出演団体の演舞の競演による伝統の誇りと伝承活動の再認識をすることができた。開催地では、誘客と大会の盛り上がりで町の活性化が図られた。そして、インドネシアからのバリ舞踊団の参加により、民俗芸能によるアジア間の国際交流が図られ、インドネシア大使館のご挨拶や会場内に出店されたインドネシアの物産で、更なる二国間の文化交流と親睦が図られた。公演前から期待していた観客らは、映像では知っているものの、異国の見慣れない衣装や仮面など、本物の舞台公演に感激し満足感を味わっていた。海外の芸能団体が神楽大会に加わったことで、今まで国内の神楽を比較し見ていたものが、海外の芸能を体験することで日本の芸能との違い、あるいは共通点を体験できたことで、芸能を通じ世界を身近に感じるようになった。

Projects related to this Grantee

Organizer

仮面舞踊を通した日本とインドネシア文化交流事業

Countries of Activity

マーク・テ『Baling』を通して歴史との向き合い方を考える/上演+レクチャー+リサーチプロジェクト

インドネシア・アチェと東松島市の子ども国際交流事業 「被災地から未来への対話/壁画の架け橋」

ミャンマーと日本をつなぐ旅

災害からのコミュニティ再生の経験を学び合う日本・インドネシア交流事業

アジア・シェルター会議および全国シェルター・シンポジウム 2018

日本の地方地域とASEANにおける伝統継承と持続的なビジネスについて考える女性起業家交流事業

Field

日本の着物とラオスの織物を通じた市民レベルの文化交流事業

マレーシアの人形劇ポテヒ -多民族国家の文化実践を知る

伝統文化の継承を通し、地域の誇りの再認識を促す交流事業

驚異の小屋 -マレーシア編

仮面舞踊を通した日本とインドネシア文化交流事業

アジア・ヘリテイジ・ネットワーク国際シンポジウムの開催 -アジア新興国の歴史的町並み保存活動支援に向けて-

Co-organizer(s), Cooperator(s)

仮面舞踊を通した日本とインドネシア文化交流事業

Translate »