Riki TAKEDA

  • 演出家、民俗芸能アーカイバー
  • Japan
    • Traditional Culture/Cultural Heritage
    • Others (Cultural)
  • The Asia Center Fellowship Program
  • Grant Year: Fiscal Year 2019
Duration
February 02, 2020 - March 24, 2020
Country of Activity
Philippines, Thailand

Active transformation of folk performing arts by modernization and the possible new platforms on it

アジアにおける古くからの民俗芸能と近代化以降の概念であるアートとは現在、どのように認識され、その融合が図られているのかを探る。 民主主義の根幹とされ、多くはひとりの作家性の下に発揮されるアートと、集落での共同体意識を高め、匿名の人々によって連綿と紡がれてきた民俗芸能。その成り立ちはこのように真逆とも言えるが、アジアのアートは近代化以降のいわば輸入品であり、その立脚は民主主義とともに未だ揺らぎがある。そして、民俗芸能も資本主義経済の浸透により、その古来からの在り方に変化が求められている。武田はフィリピン、タイにおける現代の民俗芸能とアートの事例をリサーチすることで、そこに生じる新たな在り方を検討する。

撮影:Mupor
撮影:武田力
撮影:武田力
Main Cities of Activity
フィリピン:マニラ、コーディリエラ地方、バギオ タイ:チェンライ、チェンマイ
Host Institution(s) / Individual(s)
Cordillera Green Network
JK-Anicoche (Artistic Director, Sipat Lawin Ensemble)
Atikom Mukdaprakorn
Takako Iwasawa
Activity Reports
近代化による民俗芸能の積極的変容と、そこに生じる新たなプラットフォームの可能性

Fellows related to this Grantee

Country

Sho Akita

Ayaka Yamashita

Yuzo Uda

Kanade Yagi

Masatoshi Mukoyama

Asako Fujioka

Countries of Activity

Masatoshi Mukoyama

Jimenez Verdejo Juan Ramon

山口 惠子

Judha Su

Terue Yamauchi

Ryoya Fudetani

Field

Hiroshi Iguchi

Isamu Sakamoto

Maria Christine Muyco

Jimenez Verdejo Juan Ramon

Hiroyuki Muneshige

日下部 啓子

Translate »