武田 力|Riki TAKEDA

  • 演出家、民俗芸能アーカイバー
  • 日本
    • 伝統文化・文化遺産
    • 芸術・文化一般
  • アジア・フェローシップ
  • 令和元 (2019) 年度フェロー
活動期間
2020/02/02 - 2020/03/24
活動国・地域
フィリピン, タイ

近代化による民俗芸能の積極的変容と、そこに生じる新たなプラットフォームの可能性

アジアにおける古くからの民俗芸能と近代化以降の概念であるアートとは現在、どのように認識され、その融合が図られているのかを探る。 民主主義の根幹とされ、多くはひとりの作家性の下に発揮されるアートと、集落での共同体意識を高め、匿名の人々によって連綿と紡がれてきた民俗芸能。その成り立ちはこのように真逆とも言えるが、アジアのアートは近代化以降のいわば輸入品であり、その立脚は民主主義とともに未だ揺らぎがある。そして、民俗芸能も資本主義経済の浸透により、その古来からの在り方に変化が求められている。武田はフィリピン、タイにおける現代の民俗芸能とアートの事例をリサーチすることで、そこに生じる新たな在り方を検討する。

(プロフィール写真の撮影:和久井幸一)

撮影:Mupor
撮影:武田力
撮影:武田力
主な活動地
フィリピン:マニラ、コーディリエラ地方、バギオ タイ:チェンライ、チェンマイ
受入機関/協力者
コーディリエラ・グリーン・ネットワーク
JK-Anicoche (Sipat Lawin Ensemble 芸術監督)
Atikom Mukdaprakorn
岩澤 孝子(北海道教育大学准教授)
活動報告書
近代化による民俗芸能の積極的変容と、そこに生じる新たなプラットフォームの可能性

関連するフェロー

申請国

向山 昌利

やぶ くみこ

ヒメネス・ベルデホ・ホアン・ラモン

清水 美帆

柿塚 拓真

筆谷 亮也

活動国・地域

横山 義志

筆谷 亮也

田村 ゆう

山本 芙由美

柴田 祐輔

インドラ・メヌス

活動分野

井口 寛

ワリン・ブーンヤプッティポン

日下部 啓子

宗重 博之

横山 義志

ヒメネス・ベルデホ・ホアン・ラモン