日本とベトナムとの交流事業

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成27 (2015) 年度
助成額
JPY 97,580
活動国・地域
日本

2015年度アジア共生学会主催の国際交流事業として、「日本とベトナムとの交流事業」を実施した。 第一部では、九州国際大学において講演会を開催。細井公義(北九州ベトナム協会事務局長)がベトナム経済と越僑をテーマに講演し、ドー・ヴァン・ユン(ベトナム日本友好協会常務理事)が日越の輸入関係、ベトナムの工業化戦略の日本の協力など、ビジネス交流について講演した。その後、聴衆も交えてディスカッションを行った。 第二部ではベトナム人留学生も交えた市民交流を行い、村上幸一(北九州市議会議員)が北九州市とハイフォン市との交流を紹介した。

関連する国/地域
日本, ベトナム
協力団体/協力者
特定非営利活動法人 市民塾21

申請団体より

<事業を行って得た成果> 日本とベトナムの緊密な経済関係など、ベトナムに対する理解が深まった点が評価できる。 <今後の展望や課題> 福岡県に立地している、TOTO、西日本鉄道、やずや、福岡倉庫、タカギ、山九、安川電機等の企業は既にベトナムに進出している。今後はベトナムと福岡、ひいては九州との繋がりも強くなることが予想されるため、今後とも日本とベトナムの市民交流や産業交流を企画したいと考えている。 <助成を受けての所感> 今回、アジアセンターの助成を受けることによって、学会会員や一般市民に向けてベトナムの今を伝えられた点が良かった。参加者アンケートでも「ベトナム経済のことがよくわかりました。」「ユン先生の話しは、日越の似ている点、相違点が説明され、今のベトナムを知ることができました。」といった記載があった。

関連する事業

活動国・地域

ネクストジェネレーション・イン・アジア 児童青少年演劇次世代計画プログラム

日本・ASEAN・ボランティア・サービス (JAVS) 2016

インドネシア地域防災構築事業

保育・幼児教育文化交流(教師と学生・子ども)

「第8回アジア湿地シンポジウム」 (2017年11月) における「湿地とユース」セッションの企画・運営

日本とインドネシアの介護文化に基づく介護教育TOTプログラムの調和化

活動分野

多様な人々が参加するレジリエントな復興をめざして:世界津波の日制定記念シンポジウム

アジアにおける気候変動・防災問題に関する国際シンポジウム開催と経験交流