伊藤 剛|Go Ito

  • 明治大学 教授
  • 日本
    • 学術・知的交流
    • 社会一般
  • アジア・フェローシップ
  • 平成28 (2016) 年度フェロー
活動期間
2016/08/05 - 2016/09/30
活動国・地域
マレーシア, インドネシア, シンガポール

ASEANと海洋問題

領有権・排他的経済水域・航行の自由等、「南シナ海問題」をめぐる対中姿勢はASEAN諸国の中でもまちまちである。フィリピンやベトナムは対立姿勢を、ラオスやミャンマー、タイといった無関係な国々は緊密な関係を築いている。もっともこれらの国々の対中姿勢・認識は政治指導者の交替によっても変化するし、姿勢は協力的でも認識は疑念に満ち溢れていたり、またその逆もあったりと複雑に入り組んでいる。 今回のプロジェクトでは、とくに親中・反中という二元論では割り切ることのできない、マレーシア、インドネシア、シンガポールの「マラッカ海峡沿岸三国」を取り上げる。これらの国は、南シナ海の安全が海峡を通過する船舶量に影響を与えるため、一方では「南シナ海問題」の重要性を強調しながらも、他方では中国との間に対立状況を作り出したくないという「スウィング・ステート (swing states)」的な存在のように見える。これら三国における海洋問題とそれへの取り組み方について、有識者・政策決定者との間で意見交換を行うと同時に、今後の「ネットワークの拡大」を見越して、様々な交流にも尽力する。

主な活動地
マレーシア:クアラルンプール インドネシア:ジャカルタ シンガポール
受入機関/協力者
Evi Fitriani (インドネシア大学 社会政治学部 国際関係学科 学部長)
Lye Liang Fook (シンガポール国立大学 研究者)
活動報告書
ASEANと南シナ海

関連するフェロー

申請国

横山 義志

増山 士郎

宇田 有三

柴田 祐輔

清水 美帆

宮内 康乃

活動国・地域

オン・レン

宮内 康乃

小川 希

ガルディカ・ギギー・プラディプタ

インドラ・メヌス

リム・ソクチャンリナ

活動分野

ムハマド・タキュディン・イスマイル

シモーネ・チャン

ミシェル G・オン

ヒメネス・ベルデホ・ホアン・ラモン

坂本 勇

リリア・ハリム