バンコクナイツ

  • アジア・文化創造協働助成
採択年度
平成27 (2015) 年度
助成額
JPY 17,342,690
活動国・地域
タイ, ラオス, 日本, フランス

タイ人娼婦と元自衛隊員の失われた愛を軸に、彼らを取り巻くバンコクの日本人社会から、イサーン(タイ東北地方)そしてラオスへと北上し、ベトナム戦争の傷跡を描き出す――。

タイ・ラオスにて、その土地で暮らす人々を多く俳優として起用。両国のパートナー、日本のキャスト・スタッフ、仏スタッフと共に、長編映画を製作。
映画完成後は世界の映画祭にて上映のほか、日本、フランスほかにて公開予定。

映画の主題であるアジアの歴史、また、アジアひいては世界における異文化間の共生を、映画、音楽、インスタレーションで多面的に問うプロジェクト。日本、フランス、タイ、ラオス国際共同製作作品。

(c) Bangkoknites Partners 2016
関連する国/地域
日本, タイ, ラオス, フランス
協力団体/協力者
Apicha Saranchol (Bangkok Planning Co., Ltd.)
Douangmany Soliphanh (Lao Art Media Co., Ltd.)
Philippe Avril (Les Films de l’Etranger Sarl)
山口情報芸術センター[YCAM]

申請団体より

日本公開時には主要メディアにて高い評価を得、注目を集める。現在全国公開中。
またロカルノ国際映画祭では若手審査委員・最優秀作品賞を受賞するほか、世界の映画祭にて上映される。

本助成があってこそ成しえることのできた映画。三か月撮影にかけることで、じっくりと腰を据え、キャストと対話をしながら撮影。それによって、作品を深化させることができ、今までの日本映画の枠を超えた作品を製作することができた。

アジアの国々他、引き続き世界で上映活動を続けていく予定。

関連する事業

活動国・地域

SEAFIC Southeast Asia Fiction Film Lab 2017-2018 Program, Sessions 1-3

サクラコレクション

東アジアにおける強靭な保健協力ネットワークの構築に向けて

小池博史ブリッジプロジェクト 汎アジア計画「幻祭前夜~マハーバーラタより」アジアツアー

アジアでのアール・ブリュット作品調査及び専門家交流事業

里山創造生活(アジアとの地方創生協働プロジェクト)

活動分野

DigiCon6 ASIA

日本ラオス外交樹立60周年記念 映画プロジェクト

なら国際映画祭2016 『OUT IN JAPAN×NIFF』

ベトナム版『タイヨウのうた』に関する協業

SEAFIC Southeast Asia Fiction Film Lab 2017-2018 Program, Sessions 1-3

あいち国際女性映画祭2016 国際交流基金アジアセンター連携プログラム