川崎フロンターレ ドリームチームセレクション

  • アジア・市民交流助成
採択年度
令和2 (2020) 年度
助成額
JPY 757,878
活動国・地域
オンライン, ベトナム

2018年に川崎フロンターレ、ベトナムのサッカークラブベガメックスビンズンFCが中心となり、日越45周年記念事業として開催した「ベトナム日本国際ユースカップ U-13」。今年も開催予定だったが、コロナウイルスの影響を考慮し日本からの参加を断念。その代わりとして、川崎フロンターレが在ベトナムのU-13世代を対象に選抜する「川崎フロンターレ・ドリームチーム」を結成して大会に参加。本事業はその選手を選抜するためのセレクションであり、日本に映像を配信してオンラインセレクションを開催した。

川崎フロンターレ ドリームチームセレクション

申請団体より

現地ベトナムにおける日本サッカー、特にJリーグクラブである川崎フロンターレの知名度はまだまだ低いため、当初60名の参加を予定していたが、応募申し込みは81名と、想定を超えた申し込みがあった。参加者の多くは現地の町クラブに所属する選手が多かったが、参加者の中には、川崎フロンターレのコーチの目に留まる選手も複数おり、現地ベトナムサッカーのレベルを知る良い機会となった。セレクション参加者のうち、合格の5名は12月に開催した「ベトナム日本国際ユースカップ U-13」に川崎フロンターレ・ドリームチームとして参加し、大会期間を通じて寝食を共にした。
大会での経験が、今後彼らのサッカー生活、人間形成にプラスとなることを期待している。

関連する事業

活動国・地域

ダンスインアジア -オンライン- 2020

壊れた時間のバラタ〜Mahabharata~ 全篇の短編映像を作る

ミャンマーと日本の若者が共に学び考える「農業の現状と持続可能な食糧生産」アクションプラン

アジアン・フィルム・ジョイント

国際ボランティア第1回アジア・オンライン・サミット

日本インドネシアの文化理解・社会課題解決型 ファッションデザイン作品共同制作ショー

活動分野

ミャンマー 子供たちとのスポーツ交流 ② (日本への招待)

ディアボロミーティング -オンライン 2020-

日本タイ市民・青少年 空手道共同研鑽・国際文化交流担い手育成・友好促進事業

日本タイ市民・青少年 空手道共同研鑽・文化経済相互理解・友好促進事業

日タイキッズラグビー交流

シンガポールにおける少年軟式野球国際大会の開催(共催)及び選手派遣