インドネシアとの教育交流プロジェクト ~フットサル親善試合~

  • 平成27 (2015) 年度採択事業
助成額
JPY 1,500,000
活動した国・地域
インドネシア

2015年4月、日本フットサルリーグのバルドラール浦安の選手団とともに、チームクロスワイズとしてインドネシアのジャカルタを訪問。インドネシアと日本の文化交流を深めることを目的として、インドネシアでも人気が高く手軽に楽しめるスポーツ、フットサルを通して文化・スポーツ交流事業を実施した。
現地の子どもたちに対して、日本の文化や教育に対する興味や理解を深めてもらい、「ハートをつなぐ生き方」の大切さを伝えていくために小学校等を訪問してワークショップを実施した。現地大学生に対しても、ワークショップや交流試合を実施することで交流を図った。また、インドネシアサッカー協会と協力して、インドネシア代表とのフットサル国際親善試合を2試合行い、観客3,000名を動員した。

関連する国/地域
日本, インドネシア
協力団体/協力者
インドネシアサッカー協会
PERSADA (インドネシア元日本留学生協会)

申請団体より

スラム地区の園児・児童約200名を対象に、オリジナルの教材や、折り紙・紙風船などを使ったワークショップを実施したことで、日本の存在を認識し、日本の文化に対する興味・理解を深めてもらうなど、子どもたちの視野が広がり、情操教育にも繋がったと思われる。
バルドラール浦安の選手もフットサルの試合前後にこのワークショップに参加し、お互いに身振り手振りを交えながら、ハートをつなげて言葉の壁や世代の壁を超えた交流を楽しんでいた。子どもたちからもインドネシアの伝統楽器「アルクルン」の演奏を受け、相互文化交流の一助となった。
またフットサルにおいては、親善試合やダルマ・プルサダ大学での学生チームとの交流試合を行ったことで、インドネシアと日本の若者たちがひとつのスポーツを通じてハートをつなげることができたと思われる。
今後も活動を通して「ハートをつなぐ生き方」の大切さを伝えていきたい。

事業一覧

活動した国・地域

日本とインドネシアの介護文化に基づく介護教育TOTプログラムの調和化

「インドネシア日本食フェスティバル」事業

インドネシア親善友好・交流事業

次世代リーダー育成のためのアジア競技大会 インターナショナル・サイエンス・エンタプライズ・チャレンジ

アセアンの国々で文化交流を通して、マナー方法を開発

インドネシア地域防災構築事業

活動分野

日本タイ市民・青少年 空手道共同研鑽・文化経済相互理解・友好促進事業