ヘンリー・タン|Henry TAN

  • アジア・フェローシップ
  • 令和元 (2019) 年度フェロー
活動期間
2020/03/01 - 2020/04/28
活動国・地域
日本

Research on BioArt practices in Japan toward future collaboration

This research is trying to understand the infrastructure, enablers, and community that nurture and culture the growth of BioArt in Japan. What are the topics that artists dive into? How does society react to BioArt? What are the ethical and practical concerns of the usage of biological materials in artistic expression? How do artists make a living? How does a different community sustain itself, and what can a DIYBio community contribute to society?

主な活動地
日本:東京
受入機関/協力者
岩崎 秀雄
活動報告書
Research on BioArts and DIYBio

関連するフェロー

申請国

プラパット・ジワランサン

ナラワン・パトムワット

ジュダ・スー

ワリン・ブーンヤプッティポン

スティラット・スパパリンヤー

ピヤラット・ピヤポンウィワット

活動国・地域

オクイ・ララ

ガルディカ・ギギー・プラディプタ

ファイルズ・スレイマン

マイカ・エラン

エレナ・グレゴリア・チャイ・チン・フェン

インドラ・メヌス

活動分野

ナラワン・パトムワット

堀崎 剛志

スージー・スレイマン

スティラット・スパパリンヤー

キム・ハク

ディクディク・サヤディクムラッ