マーク・サルバトス|Mark Salvatus

  • アジア・フェローシップ
  • 平成27 (2015) 年度フェロー
活動期間
2016/02/20 - 2016/05/20
活動国・地域
日本

Artist Residency in Antenna Media Kyoto, Research and artistic production

ネットワークの共有や、共同での活動という観点から、現代アートにおける重要で価値のあるものとなっているアーティストスペース、および彼らのプロジェクトの社会認知に関し、関西を拠点としてリサーチを行う。
同時に、ルソン壺と呼ばれる謎めいた壺を通した、フィリピンと日本の間の忘れられた歴史についても調査。戦前の二国間の不明瞭な関係をつなぎ合わせようと試みる。アーティストスペースと壺を通じ、無の空間に何かを置いたり、創造したりする場合、どのように価値や意味を生み出すのかを示す。

関連するフェロー

申請国

ミシェル G・オン

ジャヌス・ビクトリア

マリア・クリスティン・ムイコ

活動国・地域

マリア・クリスティン・ムイコ

インドラ・メヌス

マイカ・エラン

ミシェル G・オン

スージー・スレイマン

ワリン・ブーンヤプッティポン

活動分野

北澤 潤

山内 光枝

小川 希

ジュダ・スー

矢木 奏

ファイルズ・スレイマン