青尾 謙|Ken Aoo

  • 公益財団法人 助成財団センター 参与
  • 日本
    • 市民交流
  • アジア・フェローシップ
  • 平成29 (2017) 年度フェロー
活動期間
2017/12/20 - 2018/01/30
活動国・地域
シンガポール, インドネシア, タイ

アジア共通の社会課題解決に向けた市民社会の役割-次世代リーダー協働のためのネットワーク形成

アジア各国では経済成長が続く一方、格差や高齢化等の課題の深刻化が進んでいる。それに伴い、政府や企業ではカバーしきれない領域が拡大し、市民社会や社会的企業を含むソーシャルセクターの役割に対する期待が高まっている。東南アジアと日本の市民社会団体(財団・NPO/NGO等)の間には、1990年代頃を頂点として、交流のネットワークが数多く存在し、日本からも多くの人物が中心的な役割を果たしてきた。しかし近年では、アジアにおける日本の存在感が薄れている、と感じる。 本プロジェクトでは、シンガポール・インドネシア・タイの3か国にて、当地のソーシャルセクターの現状ならびに、今後の日本を含めた交流・協働の可能性を探るための調査を行う。また渡航前後には、日本において国際交流・国際協力に関わる組織の担当者と意見交換の機会も設ける。 日本とアジア各国間のネットワークの質的・量的な「結び直し」、そして日本を含む各国ソーシャルセクターのキーパーソンが互いの状況を知り、自国のセクターを取り巻く制度や支援の仕組み作りを模索することは、今後の急務である。それは従来の日本からアジアに対する「支援」に代わる、アジアとの新たな付き合い方を見出すことに繋がる。

主な活動地
シンガポール、インドネシア:ジャカルタ、ジョグジャカルタ、タイ:チェンマイ
受入機関/協力者
Lien Centre for Social Innovation, Sigapore Management University
The Ford Foundation Jakarta Office
ChangeFusion
活動報告書
アジア共通の社会課題解決に向けた市民社会の役割(1955KB)

関連するフェロー

申請国

山口 惠子

藤岡 朝子

山内 光枝

ヒメネス・ベルデホ・ホアン・ラモン

筆谷 亮也

ひらの りょう

活動国・地域

伊藤 剛

ひらの りょう

狩野 哲郎

インドラ・メヌス

カレイラ 松崎 順子