日本とアジア各国によるジュニアオーケストラ交流事業

  • The Grant Program for Enhancing People-to-People Exchange
Grant Year
Fiscal Year 2016
Grant Amount
JPY 967,492
Country of Activity
Cambodia, Laos

アジア各国のジュニアオーケストラの設立指導に関わってきた特定非営利活動法人 日本少年少女オーケストラ協会と協働で、アジア各国の指導者、奏者との交流演奏会や現地での指導・視察事業を行った。 2016年6月、カンボジア唯一のオーケストラであるアンコール・ユース・オーケストラの設立10周年と、ノロドム・シアヌーク・モニニヤット王太后陛下の生誕80周年を記念したコンサートを首都・プノンペンの王立チャットモック劇場にて開催。日本、カンボジア、フィリピン、インド、ベルギーからジュニアオーケストラの奏者と指導者が集い、王太后陛下のご臨席のもと、シアヌーク前国王の作曲した楽曲やクラシック、映画音楽、アニメ、歌曲を演奏した。また、シェムリアップのWat En Kosai小学校の校庭でコンサートを開催。参加した日本の子どもたちも、この演奏旅行を通じて現地の生活や文化、歴史を体感し、見聞を広げた。 8月には、日本より専門家3名を派遣して、ラオスの首都ビエンチャンにてChildren Culture Centerのチャンパ・ジュニアオーケストラの指導を行った。

平成29年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/grant/pp1715/
平成30年度実績 https://grant-fellowship-db.jfac.jp/grant/pp1814/

From the Organizer

同じアジアで生活をする者同士が「音楽 (オーケストラ) 」を通じてハーモニーを奏でる意義は大きいと感じている。とりわけ、次世代の各国の文化を担う子ども達が交流することは大切であると身をもって体験した。 文化を根付かせるためには、時間のかかることであるが、各国の持っている伝統を大切に、奏者、指導者が交流を続けネットワークを構築することが大事である。 楽器の調達やメンテナンス、日頃の指導、練習施設など課題はあるが、現地と連絡を取り合い克服していきたい。 2018年は「日本・ASEAN友好協力45周年」を記念し、ラオスのビエンチャンにて各国の青少年オーケストラとの演奏会、指導者サミットを開催予定である。

Projects related to this Grantee

Organizer

日本とアジア各国によるジュニアオーケストラ交流事業

日本とアジア各国によるジュニアオーケストラ交流事業

Countries of Activity

アジアの若手クリエイター交流事業

ジュニアユースサッカーフェスタ 2016 イン カンボジア

日本とカンボジア相互の教育実践交流事業

東南アジアにおける漆工芸を通した文化交流事業

アジア・ヘリテイジ・ネットワーク国際シンポジウムの開催 -アジア新興国の歴史的町並み保存活動支援に向けて-

カンボジア・東北・北九州のこどもたちをつなぐ「Smilink Action」

Field

JAVIPクラブ文化交流ベトナム公演

アートアクセスあだち 音まち千住の縁

ランバンサリ結成30周年記念特別公演「インドネシア・スラカルタ マンクヌガラン王宮様式のガムランと舞踊」を中心としたジャワ島中部の王宮ガムラン文化の普及・交流事業

第19回 「感動の第九」 2015年 ハノイ公演事業

チャイルド・エイド・アジア2016

日本とアジア各国によるジュニアオーケストラ交流事業

Co-organizer(s), Cooperator(s)

日本とアジア各国によるジュニアオーケストラ交流事業

Translate »