仮面舞踊を通した日本とインドネシア文化交流事業

  • 申請団体 早池峰岳神楽保存会
  • 日本: 岩手
    • 伝統文化・文化遺産
    • ダンス・舞踊
  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成30 (2018) 年度
助成額
JPY 1,122,942
活動国・地域
インドネシア

在インドネシア日本国大使館認定の「日本インドネシア国交樹立60周年」記念事業として、インドネシア・バリ島ウブドの仮面博物館野外ステージを会場に早池峰岳神楽とバリ舞踊団が共演し、両国の友好親善を深めた。民俗芸能に共通する仮面舞踏を通した交流で、両国の文化の相互理解を図った。
公演翌日、午前はバリ日本語補習授業校の児童と日本語を学習している高校生を対象に、午後は仮面博物館を会場に一般希望者を対象に、「シンガク」の振り付けを覚えるワークショップを行った。「シンガク」とは、岳神楽の奉納神社である早池峰神社の例大祭において、神輿渡御の先立ちとして子どもらが舞う神楽であり、バリの市民らが日本の祭りと民俗芸能に親しみ、日本文化への理解を深めた。

平成28年度実績 http://grant-fellowship-db.jfac.jp/grant/pp1605/

関連する国/地域
日本, インドネシア
協力団体/協力者
岳神楽を応援する会
BALI WALI
SETIA DARMA Houses of Mask and Puppets

申請団体より

本事業は民俗芸能を通した両国の友好の証として実施したものであり、日本とインドネシアの国交樹立60周年のお祝いの一助になることができたと感じている。また、今後の両国の友好の促進に貢献できたものである。バリ舞踊団とは3回目の共演となったが、今回の公演会場はバリ舞踊が多く伝承されているバリ島の内陸山間部のウブドであり、交流のあるバリ舞踊団体「バリワリ」の拠点地区でもある。伝承地で共演することで、より相手への理解が深まったと感じた。また、郷土料理のもてなしによってお互いの伝統や生活習慣を知ることができ、より友好を深めることができた。
今後も日本文化を世界に紹介するため、民俗芸能の公演による活動を積極的に繰り広げなければならない。そのことにより、世界の国同士の相互理解と友好親善に寄与できると考えている。

関連する事業

申請団体

日本・インドネシア民俗芸能交流事業

活動国・地域

世界湖沼会議子ども交流事業

日本・ASEAN・ボランティア・サービス (JAVS) 2016

日本とインドネシアの介護文化に基づく介護教育TOTプログラムの調和化

インドネシア親善友好・交流事業

インドネシア・アチェと東松島市の子ども国際交流事業 「被災地から未来への対話/壁画の架け橋」

日本・ASEAN・ボランティア・サービス(JAVS)

活動分野

日本の着物とラオスの織物を通じた市民レベルの文化交流事業

東南アジアにおける漆工芸を通した文化交流事業

ランバンサリ結成30周年記念特別公演「インドネシア・スラカルタ マンクヌガラン王宮様式のガムランと舞踊」を中心としたジャワ島中部の王宮ガムラン文化の普及・交流事業

防災文化セミナー「スマトラ沖地震津波より10年を経て」 – 文化と防災を軸とした交流 -

ベトナム・市民ボランティアとの協働による市民交流と西洋館の活用・観光の活性化

ベトナム・市民交流によるまちづくり推進