IAFT 16/17

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成29 (2017) 年度
助成額
JPY680,500
活動国・地域
シンガポール

Interdisciplinary Art という観点から、ジャンルに依拠しない活動を行うアーティストを発掘し、発表の場や観客が固定されてしまう現状を打破し、新たな観客や価値を創造することを目的に、シンガポールのアートスペースにてビデオ・アートやメディア・アートの展示・上映・パフォーマンスを共同で実施した。更にシンガポールの大学にて専門家によるレクチャーやパネルディスカッションを行った。
様々なジャンルを横断する表現活動を行うアーティストをフィーチャーし、よりダイナミックで現代社会に即したアートフェスティバルを行うことで、新たな価値をクリエイトし、人と人をつなげた。

関連する国/地域
日本, シンガポール
協力団体/協力者
ラサール芸術大学

申請団体より

日本の中堅~キャリアのあるアーティストをシンガポールで紹介することは、オルタナティブなレベルで、大変意義のあることだと実感している。
リサーチを引き続き行い、批評の場や他団体との交流等、積極的に行っていこうと考えている。
IAFTは、公的団体ではなく、作品や作家において縛りがある団体でもないため、真の意味で実験的で、他で紹介されていない(紹介されにくい)作家や作品を紹介することが改めて重要だと感じている。
国内外の若い世代が運営するアート事業は、さらなる理解と新たな関係性づくりを担う大切な交流であり、情報の流通によって加速するグローバル社会の中で、人と人とがアートによって出会うことにより、心と心を通わせる国際交流も重要な柱としている。

関連する事業

活動国・地域

アジア学生サミット2016

シンガポールにおける少年軟式野球国際大会の開催(共催)及び選手派遣

劇団角笛シンガポール公演

シンガポール「COOL JAPAN」交流事業

子供達が踊る日本舞踊による交流事業

活動分野

東南アジアにおける漆工芸を通した文化交流事業

東南アジアにおける漆工芸を通した文化交流事業 in ミャンマー

ドキュメント・越後妻有:ナウィン・ラワンチャイクンがみた限界集落

バリ・金谷インターナショナルアートウィーク2016

東南アジアにおける漆工芸を通した文化交流事業

「見放されたものの組織化」交流プログラム