日本とカンボジアの大学生による科学実験教室の協働開発及び開催事業

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成28 (2016) 年度
助成額
JPY 821,620
活動国・地域
カンボジア

カンボジアの小学校では理科の授業がなく、また中学校でも道具がないため実験ができず、理系人材の育成が課題となっている。そこで、日本人大学生10名とカンボジア人大学生9名が協働し、農村部でも手に入る物を利用し、かつ電気・水道・ガスがなくても行うことができる実験内容を考案。実際に現地の小学校3カ所で実験教室を開催した。延べ250名が参加し、想定以上の反響を得ることができた。
継続的に実験教室が開催できる状態を目指して、現地の小学校の教員向けに実験内容をパッケージにし、カンボジア語でマニュアルを作成。各学校と教育局に配布した。

関連する国/地域
日本, カンボジア

関連する事業

活動国・地域

カンボジア・東北・北九州のこどもたちをつなぐ「Smilink Action」

東南アジアにおける漆工芸を通した文化交流事業

ASEAN Japan Youth Friendship Project for 2020

日本とアジア各国によるジュニアオーケストラ交流事業

ジュニアユースサッカーフェスタ 2017 イン カンボジア

ジュニアユースサッカーフェスタ 2016 イン カンボジア

活動分野

オルタナティブな農・食・流通・教育の先駆者との交流から創るタイNGO・新時代への挑戦

タイ・ミャンマー国境を越えた交流とワークショップを通したミャンマーの平和構築事業

日比国際児の若者(JFY)と日本の若者との交流活動を通した新たな日比関係の構築

Sustainable Education Summit 2017

わたりタイいちご・ネット友和プロジェクト