アセアンの国々で文化交流を通して、マナー方法を開発

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成27 (2015) 年度
助成額
JPY 879,000
活動国・地域
インドネシア

ジャカルタや周辺地域にある50の学校から学生と教師が参加し、ASEAN諸国と日本との関係について3つのパートにわけて交流事業を行った。1つ目はマダニア高校(Madania High School)での交流事業で、インドネシアの日常生活を体験することを目的としたホームステイをした後、マダニア高校で3日間のスクールキャンプを行い、ASEAN諸国と日本の関係について議論した。翌日、メイン事業である“Inspire ASEAN Youth Conference”を開催し、ジャカルタから100人を超える高校生の参加者があった。2つ目は、バンテンとマカッサルでの地元民との交流事業。3つ目は、バリでのキャンプツアーと文化交流を行なった。

Courtesy of Connext ASEAN
関連する国/地域
日本, インドネシア, タイ, 台湾, 中国, 韓国
協力団体/協力者
マダニア高校

申請団体より

この事業を行って得た成果は様々な国から来た友達が作れただけではなく、イベントを行う管理も経験としてよく学んだ。そして、イベントで様々な Self Development というアクティビティがあったので、リーダーシップとかチームワークを得た。今回の事業では様々な団体と協力したが、当団体の関係性を広げるために、今後はASEANに関する団体と協力していきたい。その上で、ASEANと日本人のメンバーが増えて、ASEAN諸国と日本の関係を強くするためコンフェレンスを作るつもりだ。
この事業では様々なアクティビティがあり、予期しないイベントも発生するから学んだこと多くある。一番学んだところはいい生活を送るために、お金とかいい頭が必要なだけではなく、他の人といい人間関係を守ることが大事だ。
『We are not Superman nor Superwoman, Teach for ASEAN is a SuperTEAM!.』

関連する事業

活動国・地域

インドネシア親善友好・交流事業

日本とインドネシアの介護文化に基づく介護教育TOTプログラムの調和化

「インドネシア日本食フェスティバル」事業

インドネシア地域防災構築事業

インドネシア・アチェと東松島市の子ども国際交流事業 「被災地から未来への対話/壁画の架け橋」

日本・インドネシアの若者が共に考えるインドネシアのごみ事情 ~村ツーリズムの開発とともに~

活動分野

ベトナムの震災後支援への御礼とお箸文化交流

伝統文化を東京からアジアへ広げようプロジェクト委員会

御朱印船を活用した日越交流促進プロジェクト

2015アジアフォーラム in 石川

スタディトリップインジャパン2015

フィリピン共和国パンガシナン州立大学と協働の市民交流事業