2015アジアフォーラム in 石川

  • 申請団体 アジアフォーラム in 石川実行委員会
  • 日本: 石川
    • 市民交流
  • 平成27 (2015) 年度採択事業
助成額
JPY 500,000
活動した国・地域
日本

「アジアの中のニッポン~石川・金沢の魅力を探る~」のテーマのもと、川畑松晴(元金沢大学講師)をコーディネーターに迎え、アジア・オセアニア14カ国・地域からの参加者24名が、石川県内の大学生9名と、石川・金沢の魅力をともに学び、グローバルな視点から意見を交換した。
能登地方と白山市においてフィールドワークを行い、石川県の伝統文化や観光資源について理解を深めた。坂内良明(北國新聞社会部記者)の金沢市のまちづくりに関する講演では、それを元にディスカッションを行い、石川県青少年総合研修センターでのフォーラムで成果を発表。この発表に対して、行政と国際的な観点から善家正人(金沢市プロモーション推進課長)とコミュニケーターの早川芳子が、それぞれの体験や知識を生かしたコメントをした。その後、「国際交流まつり」を開催し、参加者とホストファミリーらとの交流を行った。

関連する国/地域
日本, シンガポール, フィリピン, インドネシア, マレーシア, タイ, ベトナム, カンボジア, ラオス, 韓国, 台湾, 中国, オーストラリア, グアム, インド

申請団体より

参加者自身の体験に基づく意見や体験を交換しあい、地域や国境を越えた相互理解を深めると同時に、フィールドワークなどによる石川県の文化や伝統芸能の体験を通じて、石川県の魅力を参加者に伝えることができた。また、ホームステイや「国際交流まつり」を通じて地元青年及び地域の方々と等身大の交流を図ることにより、友情の輪を広げることができた。

事業一覧

活動した国・地域

スタディトリップインジャパン2015

日本とベトナムとの交流事業

日本タイ市民・青少年 空手道共同研鑽・文化経済相互理解・友好促進事業

湘南とアジアの若者による未来創造事業

ミャンマー(少数民族)衣と食文化の夕べ

高校生国際交流写真フェスティバル

活動分野

ベトナムの震災後支援への御礼とお箸文化交流

スタディトリップインジャパン2015

ぐんまカップ

アセアンの国々で文化交流を通して、マナー方法を開発

インドネシア親善友好・交流事業

湘南とアジアの若者による未来創造事業