カンボジア・東北・北九州のこどもたちをつなぐ「Smilink Action」

  • アジア・市民交流助成
採択年度
平成27 (2015) 年度
助成額
JPY 966,560
活動国・地域
日本, カンボジア

教員を志すカンボジアの貧困世帯の学生と北九州の学生による、それぞれの「夢」を育むキャリア学習プログラムを実施。
日本においては、2015年8月と2016年3月にカンボジアの高校生をそれぞれ2名ずつ招へいし、北九州で地域の小学生~大学生とESD(持続可能な開発のための教育)を柱とした交流を行った。また、キャリアアップを目的に環境に配慮した企業への訪問も実施。3月は、北九州の大学生9名と共に東北地方を訪問し、被災地の子どもたちと今後の具体的な目標を語り合った。
カンボジアにおいては、2015年8月には北九州の大学生9名がプノンペンの南に位置する農村を訪れ、小学生対象に図工や音楽の授業を行ったり、日本へ招へいした4名を含む中高校生と、互いの夢について語り合うワークショップを開催した。2016年3月に、6名の大学生が再び訪問し、それぞれの夢の進捗状況を確認すると共に、次の半年までの行動を宣言し合った。

関連する国/地域
日本, カンボジア
協力団体/協力者
Cambodia International Friendship Training Organization (CIFTO)

申請団体より

私たちが2013年2月より交流を深めるNGO団体「CIFTO」は、『地域の経済と文化の発展のために』をコンセプトに、村の貧困層の子どもたちに無料で英語と日本語をおしえている。私たちは「CIFTO」の想いに共感し、その地に訪問を続け交流を続けてきた。この助成金をいただいて実施した「SmilinkAction」によって、間接的だった交流が、実際にカンボジアと日本の学生(大学生を含む)がお互いの地を訪問し子どもたちに「夢」の授業を実施することで、リアルな交流となった。その結果、4名のカンボジアの高校生は自分の村の課題意識が高まり、その「夢」を具体的な行動計画、つまり「マイプロジェクト」として行動していく様になった。
今後は、カンボジアだけではなく日本の学生にも、「夢」は見るだけでなく叶うもの、と信じ行動していくことができるきっかけを届け続けたいと考える。

関連する事業

活動国・地域

インドネシア・アチェと東松島市の子ども国際交流事業 「被災地から未来への対話/壁画の架け橋」

第4回みやこじま青少年国際音楽祭

日本・インドネシアの若者が共に考えるインドネシアのごみ事情 ~村ツーリズムの開発とともに~

「見放されたものの組織化」交流プログラム

日比国際児の若者(JFY)と日本の若者との交流活動を通した新たな日比関係の構築

ぐんまカップ

活動分野

ASEAN Japan Youth Friendship Project for 2020

伝統文化を東京からアジアへ広げようプロジェクト委員会

インドネシア親善友好・交流事業

2017アジアフォーラムin石川

ベトナムの震災後支援への御礼とお箸文化交流

湘南とアジアの若者による未来創造事業