若手老年学研究者のためのワークショップ 「高齢者に優しいコミュニティをつくるアクションリサーチ」

  • アジア・文化創造協働助成
採択年度
平成29 (2017) 年度
助成額
JPY ***
活動国・地域
日本

【採択時の概要】                                                                       高齢化は世界が直面している課題であり多くの研究が存在するが、研究を社会に還元できていない例が多い。申請団体は、当事者である地域の高齢者を主体として、実際のコミュニティで実験をすることによって社会を変えていくアクションリサーチが活動内容であり、そのような事業の経験者によって構成されている。この知見をまとめた秋山弘子著「高齢社会のアクションリサーチ」(東京大学出版会)をもとにアジアの研究者とワークショップを行い、各地でいかに高齢者が住みよいコミュニティを作っていくかを具体的に議論し、アクションにつなげる。

ワークショップに関するウェブページ(英語) http://www.glafs.u-tokyo.ac.jp/?page_id=4851&lang=en

関連する国/地域
日本, シンガポール, インドネシア, タイ, 中国, インド, ネパール

関連する事業

活動国・地域

日本とインドネシア・アチェの被災地間協働によるコミュニティアート事業

東京藝術大学シルクロード特別企画展

日本・インドネシア共同制作ドラマ 『桜に願いを』

DigiCon6 ASIA

サクラコレクション

家族と学校からみたASEANと日本

活動分野

ミャンマーにおける人権に関する交流・教育トレーニング

木質デザイン・フォーラムin Jakarta - 環西太平洋地域における都市と建築をめぐる新たな環境パラダイムの創出

東南アジアにおける資本主義のあり方に関する共同研究

若者から見たASEANと日本の将来

第3回アジア・太平洋水サミット開催準備および当日運営

日本カンボジア法律家の会創立25周年記念「法学教育・研究における支援と共生」事業