JIWA: Jakarta Biennale 2017

  • アジア・文化創造協働助成
採択年度
平成29 (2017) 年度
助成額
IDR ***
活動国・地域
インドネシア

【採択時の概要:英文のみ】                                                        Jakarta Biennale is a biannual international contemporary art exhibition. Initiated by the Jakarta Arts Council in 1974 as an Indonesian Great Painting Exhibition, Jakarta Biennale has been as an international event since 2009.
Melati Suryodarmo, in her capacity as the Artistic Director of Jakarta Biennale 2017, proposes a discussion on the actual relevance of the Indonesian concept of Jiwa within contemporary cultural and artistic realms. Through Jiwa— understood as life, energy, vigor or soul, a driving principle for individuals, collectivities, societies, non-humans or nature— Jakarta Biennale 2017 is looking at the whole spectrum of relations, mobilizing the registers of the sensuous, the affective, and the cognitive, the very schemes by which we make sense of the world. Jakarta Biennale 2017 approaches changes in society by sharing a diversity of art forms and methods, intellectual and practical encounters as well as educational propositions. Besides the main exhibition and performance art series in urban public spaces, we are initiating a series of publications in order to promote the critical writing on the recent history of Indonesian art.

(c) Jakarta Biennale/Jin Panji
関連する国/地域
日本, シンガポール, フィリピン, インドネシア, タイ, ミャンマー

関連する事業

活動国・地域

若者から見たASEANと日本の将来

Co.D.Ex. ダンス・アジア・コラボレーション

日本・インドネシア共同制作ドラマ 『桜に願いを』

サクラコレクション

東南アジアにおける資本主義のあり方に関する共同研究

日本とインドネシア・アチェの被災地間協働によるコミュニティアート事業

活動分野

アジアでのアール・ブリュット作品調査及び専門家交流事業

バティックを中心とした日本インドネシア染色文化の交流と共同制作プロジェクト

「アーティスト・イン・レジデンス事業人材育成キャンプ&フォーラム アジア」

東京藝術大学シルクロード特別企画展

日本とインドネシア・アチェの被災地間協働によるコミュニティアート事業

アジアでのアール・ブリュット作品調査及び専門家交流事業