アジア、女性、舞台芸術をめぐるプラットホームの持続化と発展

  • アジア・文化創造協働助成
採択年度
平成29 (2017) 年度
助成額
JPY ***
活動国・地域
シンガポール, ベトナム, フィリピン, カンボジア, 日本

【採択時の概要】                                                                      当会では、アジア諸国の訪問、国際共同制作、会議開催などを通じて、「アジア、女性、舞台芸術」をテーマに、アジアの舞台芸術家と一緒に考える機会やプラットホームの形成に取り組んでいる。これまで訪問した、マレーシア、シンガポール、ベトナム、タイ、インドネシアにも、この取り組みに賛同し、必要性を感じるアーティストや団体などが存在しており、本事業はこれらの人々と一緒に対話したり、共有財産となる作品づくりを行っていくための基盤を整備するものである。
2017年度は、国際共同制作の準備や新たなネットワークを構築するために、ベトナムなどを再訪し、新たにカンボジア、フィリピンなどを訪問する。また、共同制作パートナーや国際フェスティバル等との連携事業などを通じて、当会の活動や成果を幅広く共有していく。また、さらに、シンガポールにて「アジア女性舞台芸術会議」を開催し、各国のアーティストと一緒に、アジアの新たな舞台芸術のプラットホームを築いていきたい。このような交流と対話を通じて、お互いの異なる背景を学びながら、共通の価値観や課題をみつけ、アジアの舞台芸術の世界を作っていきたい。

photo: Shirotama Hitsujiya
photo: Keisuke Takahashi
photo: Maiko Miyagawa
関連する国/地域
日本, シンガポール, フィリピン, インドネシア, マレーシア, タイ, ベトナム, カンボジア

関連する事業

活動国・地域

アセアン野球教室

国際共同制作 『RE/PLAY DANCE Edit.』

シンガポール・エスプラネード=サントリーホール グローバル創造協働プロジェクト

シンガポール・エスプラネード=サントリーホール グローバル創造協働プロジェクト

ON-PAM アジア会議 in シンガポール

「ZETTAI RED」 シンガポールミュージシャンとの協業によるパフォーマンス作品の上演

活動分野

フィリピン、インドネシアの先住民族青少年を対象とした環境問題をテーマとした演劇ワークショップによる交流事業

日本・フィリピン・タイ アジア共同プロジェクト

青年団+大阪大学 ロボット演劇プロジェクト アンドロイド版『変身』アジアツアー

インドネシア人形劇 「ペーパームーン・パペット・シアター」 レジデンス&新作公演2017

シンポジウム&コンサート 『アジアにおける伝統と創造 Noh×Contemporary Music Vol.4』

結城座×ベトナム青年劇場 2015日越国際共同制作 『野鴨中毒』