ミャンマーにおける人権に関する交流・教育トレーニング

  • アジア・文化創造協働助成
採択年度
平成29 (2017) 年度
助成額
JPY ***
活動国・地域
ミャンマー

【採択時の概要】
2011年に軍政から民政移管が行われ、2016年3月にはNLD(国民民主連盟)への政権交代が実現したミャンマーでは、今後、政治的自由の保障や司法の独立、少数民族の権利保障など、様々な分野で法の支配を確立することが求められている。本事業では、ミャンマーの民主化を担う若手の弁護士や人権擁護活動家を対象に、国際人権法とその応用について講義を行うことにより、ミャンマーの法の支配の確立と人権尊重、そして、民主化促進に寄与することを目的とする。

平成27年度実績 http://grant-fellowship-db.jfac.jp/grant/cc1504/

関連する国/地域
日本, ミャンマー

関連する事業

申請団体

ミャンマーにおける人権に関する交流・教育トレーニング

活動国・地域

東京藝術大学シルクロード特別企画展

第3回アジア・太平洋水サミット開催準備および当日運営

『クロス・トランジット』 プロジェクト

ミャンマーにおける人権に関する交流・教育トレーニング

日本の文化である「ラジオ体操」で友だちの和を広げよう!

活動分野

東アジアにおける強靭な保健協力ネットワークの構築に向けて

東南アジアにおける資本主義のあり方に関する共同研究

日本カンボジア法律家の会創立25周年記念「法学教育・研究における支援と共生」事業

第3回アジア・太平洋水サミット開催準備および当日運営

家族と学校からみたASEANと日本

演劇教育による子どもたちのエンパワーメント -PETAの“Safety Zone”構築に学ぶ-