アジアでのアール・ブリュット作品調査及び専門家交流事業

  • アジア・文化創造協働助成
採択年度
平成28 (2016) 年度
助成額
JPY 3,008,770
活動国・地域
日本, タイ

アール・ブリュットを軸とした日・タイ間のネットワーク構築、新たな解釈や価値の創造を目的として、タイにて作品調査、専門家交流および展覧会を実施。
作品調査事業では、現地の障害者福祉施設への訪問取材や、芸術療法家であるジュンポン・チナプラパート氏からの紹介などを通し、10名の個性豊かな作者たちと出会い、その創作活動を調査した。
専門家交流事業では、タイ現地でのディスカッションに加え、両国でシンポジウムを開催。滋賀でのシンポジウムではレインボールーム財団の代表ロザリーナ・アレキサンダー氏を招へいし、同財団の事業についての講演を行った。また、チュラロンコン大学にて、両国より計3名の専門家が講演を行った。
展覧会においては、調査で出会った作品を日タイ両国で展示し、タイのアール・ブリュットを積極的に発信した。

事業報告書 公開ページ(申請団体ウェブサイト) http://www.no-ma.jp/?p=14897

関連する国/地域
日本, タイ
協力団体/協力者
ジュンポン・チナプラパート (セルフ+アート・ボーダーレス・アート・ミュージアム)
ロザリーナ・アレキサンダー (レインボールーム財団)
etc.

申請団体より

アール・ブリュット作品を実際に調査し、展覧会やシンポジウムといった形で発信するプロセスの中で、事業内容に賛同を頂いたタイ側の協力者の方々がアール・ブリュットを軸に繋がっていく場面を創出できたこと自体が、タイ国内でのアール・ブリュットの次なる展開につながる成果であったであったと考える。助成を頂いたことにより、アール・ブリュットを知っていただくきっかけと、タイの社会にアール・ブリュットが根付くきっかけを作ることができた。
今後の展望としては、タイのみならず、その他のアジア諸国においても、アール・ブリュットの調査や発信活動を広げていく。具体的に2018年度には、タイ国に加え、インドネシア・中国での事業実施を予定している。

関連する事業

申請団体

アジアでのアール・ブリュット作品調査及び専門家交流事業

活動国・地域

「マンガ・アニメを活用したまちづくり」を活かした東南アジアと新潟市と若手人材交流事業

若者から見たASEANと日本の将来

アセアン諸国のTVメディアとの番組共同製作+ワークショップ 2015!IN VIETNAM

日本・フィリピン・タイ アジア共同プロジェクト

「アーティスト・イン・レジデンス事業人材育成キャンプ&フォーラム アジア」

サクラコレクション

活動分野

東京藝術大学シルクロード特別企画展

「アーティスト・イン・レジデンス事業人材育成キャンプ&フォーラム アジア」

日本とインドネシア・アチェの被災地間協働によるコミュニティアート事業

バティックを中心とした日本インドネシア染色文化の交流と共同制作プロジェクト

アジアでのアール・ブリュット作品調査及び専門家交流事業

里山創造生活(アジアとの地方創生協働プロジェクト)