ひとつの机とふたつの椅子とシェイクスピア one table two chairs meeting 2016

  • 申請団体 特定非営利活動法人 劇場創造ネットワーク
  • 日本
    • 演劇
  • アジア・文化創造協働助成
採択年度
平成28 (2016) 年度
助成額
JPY 6,539,071
活動国・地域
ベトナム, カンボジア, インドネシア, 日本

アジアの舞台芸術への新しい視点の発見と、未来につながるネットワークづくりを目的とした、3年間の継続プログラムの1年目として事業を実施した。実施1回目の2016年は、インドネシア、シンガポール、タイ、中国、香港、日本から、次代を担う若い演出家、俳優、アーティストを中心に招き、「登場人物はふたり、舞台装置はひとつの机とふたつの椅子だけ、上演時間は20分」という共通の制約のもと創作した作品を上演した。
上演後は、カンボジア、ベトナム、日本から招いたオブザーバーの進行により、演出家と観客を交えた公開対話を行い理解と交流の時間を設け、次回へとつながる反響を得た開催となった。

(c) Katsu Miyauchi
関連する国/地域
日本, シンガポール, インドネシア, タイ, ベトナム, カンボジア, 中国, 香港
協力団体/協力者
ダニー・ユン

申請団体より

各国の参加者同士の交流や意見交換が充分に行われ、未来につながる関係を築くことができたと実感している。また、参加者とサポートスタッフの交流も積極的に行い、それぞれの国や立場の壁を越えた良い関係をつくることができた。今回の事業では、アジア各国から21名のアーティストを招聘することができた。また、当団体がこれまであまり交流を持っていなかった、ベトナムとカンボジアからアーティストを招き、新たな関係を結ぶことができたが、どちらも国際交流基金の助成なしでは実現が難しかったと感じている。
現在、事業2年目の準備を進めると共に、シンガポールからの参加者が、自国で同様の取り組みを開催する計画を立てているため、協力をする予定である。こうしたアジア間のつながりを今後も継続し、新たなアジア舞台芸術を育てていく基盤を確かなものにしていきたいと思う。

関連する事業

活動国・地域

ベトナム版『タイヨウのうた』に関する協業

結城座×ベトナム青年劇場 2016 日越国際協働制作 『野鴨中毒』

横浜・神戸・長崎洋館群とカイベー洋館群の保存と市民交流による新文化創造プログラム

アジア、女性、舞台芸術をめぐるプラットホームの持続化と発展

アセアン諸国のTVメディアとの番組共同製作+ワークショップ 2015!IN VIETNAM

日越ジョイントスペシャルテレビ

活動分野

結城座×ベトナム青年劇場 2015日越国際共同制作 『野鴨中毒』

小池博史ブリッジプロジェクト 汎アジア計画「マハーバーラタ第三部より」インドネシア創作・公演

アジア、女性、舞台芸術をめぐるプラットホームの持続化と発展

シンポジウム&コンサート 『アジアにおける伝統と創造 Noh×Contemporary Music Vol.4』

小池博史ブリッジプロジェクト 汎アジア計画「幻祭前夜~マハーバーラタより」アジアツアー

インドネシア人形劇 「ペーパームーン・パペット・シアター」 レジデンス&新作公演2017