シンガポール・エスプラネード=サントリーホール グローバル創造協働プロジェクト

  • アジア・文化創造協働助成
採択年度
平成28 (2016) 年度
助成額
JPY 10,157,980
活動国・地域
シンガポール

シンガポール・エスプラネードと日本・サントリーホールによる協働プロジェクト。演奏家、作曲家、その他ジャンルの実演家といった創造的人財を活用し、両国の創作の最先端を紹介。人財の交流を積極的に促し、初演、再演を含め、両国の芸術家たちが同じ舞台に立つ発表の場を提供した。また、日・シンガポール外交関係樹立50周年、サントリーホール30周年を迎えた2016年はエスプラネード主催フェスティバルで古代祝祭劇『HIMIKO(サントリーホール創作)』をシンガポール演奏家も加わって上演した。さらに、エスプラネードと協力関係にある教育機関ヨン・シュー・トー音楽院とサントリーホール室内楽アカデミーが協働し、室内楽キャンプも開催、次世代を担うアジアの若者たちが、アジア圏を新たなSphere of Classical Musicとして活動できるよう、実演家同士のネットワークを育み、聴衆を育てるプラットフォームを構築した。

平成27年度実績 http://grant-fellowship-db.jfac.jp/grant/cc1516/

(c) Suntory Hall
関連する国/地域
日本, シンガポール, 中国, 韓国, 米国, 英国, フィンランド, イタリア, ドイツ
協力団体/協力者
エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイ 
シンガポール国立大学 ヨン・シュー・トー音楽院

申請団体より

シンガポールのエスプラネードと日本のサントリーホールによる協働プロジェクトとして演奏家、作曲家、多ジャンルの実演家といった創造的人材の活用により、日・シンガポール外交関係樹立50周年を記念してシンガポール・エスプラネードで行われたスーパージャパンのハイライトとしてサントリーホール制作・古代祝祭劇『HIMIKO』が上演された。シンガポールの演奏家の出演を含め制作スタッフ同士の交流も盛んに行われ、両国間の交流に貢献出来た。また、シンガポール国立大学ヨン・シュー・トー音楽院とサントリーホール室内楽アカデミーの協働により、シンガポールで2公演を行い、ヨン・シュー・トー音楽院の選抜生が、サントリーホールが主催する室内楽フェスティバルのチェンバーミュージック・ガーデンに出演し、一般客の前で実演の機会を得る事が出来た。これを機に、ヨン・シュー・トー音楽院とは将来的なパートナーシップを含めて、アジア太平洋地域の音楽・文化の発展に寄与することを目指す。
助成を受けることにより、より多くの関係者がシンガポールに行く事ができ、現地の演奏家やスタッフと広く交流することが出来た。

関連する事業

申請団体

シンガポール・エスプラネード=サントリーホール グローバル創造協働プロジェクト

活動国・地域

ON-PAM アジア会議 in シンガポール

シンポジウム&コンサート 『アジアにおける伝統と創造 Noh×Contemporary Music Vol.4』

アセアン野球教室

日本棋院 ASEAN 囲碁研修

「マンガ・アニメを活用したまちづくり」を活かした東南アジアと新潟市と若手人材交流事業

「ZETTAI RED」 シンガポールミュージシャンとの協業によるパフォーマンス作品の上演

活動分野

シンガポール・エスプラネード=サントリーホール グローバル創造協働プロジェクト

「ZETTAI RED」 シンガポールミュージシャンとの協業によるパフォーマンス作品の上演

シンポジウム&コンサート 『アジアにおける伝統と創造 Noh×Contemporary Music Vol.4』

協力団体

シンガポール・エスプラネード=サントリーホール グローバル創造協働プロジェクト