カンボジア, サンボー・プレイ・クック遺跡群の保全に関わる人材育成

  • 平成27 (2015) 年度採択事業
助成額
JPY 2,100,000
活動した国・地域
カンボジア

サンボー・プレイ・クック遺跡群の保全を担う修復現場の技能員、考古学・建築学の若手専門家を育成する事業。現地技能員の10名に対して、煉瓦造遺構と石材彫刻の修復保存技術についてオンジョブ形式で継続的なトレーニングを実施し、保存修復事業に必須な技術習得を図った。2015年4月の足場構築作業に始まり、南・西面屋根上部の脆弱煉瓦の解体工事、解体煉瓦部材の修理、南・西面屋根上部の再構築工事、西面扉周りの補強工事を順次進め、現地Sambor Prei Kuk Conservation Projectをはじめとする各機関・各協力者と連携した。若手専門家育成では、考古学あるいは建築学を専攻するカンボジアの大学生および若手専門家に対して、遺跡群内の建築学調査・実技プログラム、発掘調査を通じて2週間程度の講義・実技を伴う研修事業を実施し、より高い水準の専門性を学ぶことができる場を提供した。8月に2週間の講義・実技プログラムを実施し、9名が参加。建築学専攻学生班1グループ、考古学専攻学生班2グループで調査、講義、発表を行った。

Sambor Prei Kuk Conservation Project
関連する国/地域
日本, カンボジア
協力団体/協力者
Sambor Prei Kuk Conservation Project

申請団体より

これまで保存修復活動を続けてきたサンボー・プレイ・クック遺跡群で、技術的、学術的の両面からの人材育成を実施することにより、これまでの保存修復の蓄積をもとに、次世代の若手技能員・専門家が将来持続可能な修復活動を主体的に担うための基盤を整えるための契機となった。このことは、アンコール遺跡全体像を解明する上で非常に重要な当該遺跡群において、危機に瀕した遺跡の保存・修復・活用を段階的に進め、その活動を自主的に継続できる基盤を整え、今後のカンボジアの保存修復事業の重要な事例になると考えられる。特に、ユネスコ世界文化遺産リストへの登録準備が最終段階に入っている当該遺跡を取り囲む環境は、各方面より大きな期待が寄せられており、自主的修復体制の基盤となる本計画で育成されつつある人材が、とりわけ重要な意義があると考えている。

事業一覧

活動した国・地域

アジア、女性、舞台芸術をめぐるプラットホームの持続化と発展

アセアン野球教室

日本カンボジア法律家の会創立25周年記念「法学教育・研究における支援と共生」事業

ひとつの机とふたつの椅子とシェイクスピア one table two chairs meeting 2016

国際共同制作 『RE/PLAY DANCE Edit.』

『クロス・トランジット』 プロジェクト

活動分野

バティックを中心とした日本インドネシア染色文化の交流と共同制作プロジェクト

日本棋院 ASEAN 囲碁研修

結城座×ベトナム青年劇場 2015日越国際共同制作 『野鴨中毒』

日本棋院 ASEAN 囲碁研修

サクラコレクション

東京藝術大学シルクロード特別企画展